<

移性肝がんは、どこか別の部位の原発がん(たとえば胃がんや大腸がんなど)から肝臓への転移ですので、その原発がんの病期ではステージⅣに相当します。ステージⅣのがん治療は全身性化学療法(抗がん剤の全身投与)が一般的ですが、原発がんの性質によっては転移性肝がんに対する手術などの局所療法がよい治療法になることがあります。たとえば、大腸がんからの肝転移(転移性肝がん)は積極的に手術することにより生存率が高くなることが知られています。しかし、肺がんや膵がんなど進行の早いがん由来の転移性肝がんでは、局所療法の効果は期待できず、全身性化学療法が適しています。転移性肝がんの治療は、おおもとの原発がんの種類によって異なります。

出典:www.jfcr.or.jp
>

【大感動】余命半年の宣告を受けた女子大生”山下弘子さん”の生きる意思に大反響!!

7月30日放送のNHK総合『ニュースウォッチ9』に肝臓がんで余命宣告を受けた大阪の大学生”山下弘子さん”が紹介され大反響を呼んでいます。山下さんは余命半年の宣告を受けましたがブログを開設し、”生きることへの意思”を綴っています。