大晦日と元日 キー局でダントツ最下位だったフジテレビの視聴率が話題に

1月2日、2014年大晦日と2015年元日の視聴率が報じられた。 最終更新日:2016年02月08日

作者に連絡

view

フジテレビの浮上はあるのか・・・

毎年話題になる大晦日のNHK『紅白歌合戦』は、前半が35.1%、後半が42.2%という結果に。民放では日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP』の平均視聴率が18.7%でトップとなった。同番組は、関西地区では24.6%を記録したとのことである。

絶対に笑ってはいけない ...

ネット上では、フジテレビが

18:00~『THE FACE OF 2014 世界が選ぶ今年の顔アワード!!』4.0% 
21:00~『ワンピース エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜』3.3%
23:00~『2014→2015ツキたい人グランプリ~ゆく年つく年~』2.5%

と、かなり低調だったことが話題になっている模様。

... 初回視聴率が公開されました

とはいえ、2013年の大晦日『1964~2020東京の夢と奇跡の物語』は平均視聴率2.0%だったとのことで、再放送のアニメで3.3%取ったのだから大晦日に関しては費用対効果は一番よかったのでは、というフォロー(?)の声もあったりする模様。

2011年の8月に行われた抗議デモから早や3年半が過ぎようとしているが、2015年のフジテレビは果たして。


注目まとめ

関連まとめ