【社会】20代男性、女子大に入学認めて 「違憲」と提訴へ

公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかった福岡市の20代男性が、 大学の対応は不当な性差別に当たり違憲だとして、不受理処分の取り消しや慰謝料などを求め、 福岡地裁に12月にも提訴することが14日、分かった。 最終更新日:2014年11月15日

作者に連絡

view

まさか、認められちゃうの?

公立福岡女子大(福岡市)に入学願書を受理されなかった福岡市の20代男性が、大学の対応は不当な性差別に当たり違憲だとして、不受理処分の取り消しや慰謝料などを求め、福岡地裁に12月にも提訴することが14日、分かった。

About: 福岡女子大学

 男性の代理人弁護士は「かつて女子大には、教育機会を得にくかった女性を優遇するという側面があったが、その意味は失われている。国公立の女子大の存在が憲法上許される根拠はない」としている。
同種の提訴は初めてという。

弁護士バッジについて(提案)

訴状によると、男性は福岡女子大の食・健康学科の2015年度入学試験の社会人枠を受験するため、
14年11月に入学願書を提出。


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ