【ボクシング】亀田和毅判定で3度目防衛 興毅はKO勝ち

世界ボクシング機構(WBO)バンタム級王座統一戦は1日、シカゴで行われ、 正規チャンピオンの亀田和毅(亀田)が暫定王者のアレハンドロ・エルナンデス (メキシコ)に判定勝ちし、3度目の防衛に成功した。 最終更新日:2014年11月02日

作者に連絡

view

日本ではもう戦えない一家

正規チャンピオンの亀田和毅(亀田)が暫定王者のアレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)に2-1で判定勝ちし、3度目の防衛に成功した。

亀田和毅

戦績は31戦全勝(19KO)。エルナンデスは41戦28勝(15KO)11敗2分けとなった。

亀田和毅判定勝ちでWBO王座奪取 ...

同じ興行で、世界4階級制覇を狙う亀田興毅が昨年11月以来の復帰戦に臨み、52・6キロ契約のノンタイトル10回戦でオマール・サラド(メキシコ)を4回2分21秒、KOで下した。

亀田興毅、3度目の防衛戦は ...

世界戦を混乱させた問題で亀田ジム会長らが処分され、次男の大毅も含めて亀田3兄弟は国内で試合ができない。


注目まとめ

関連まとめ