29日、ドイツ紙『Revier Sport』が報じた内容によると、数日の間に同クラブ所属のドイツ代表MFケヴィン・グロスクロイツが、香川に電話をかけていたようで、「香川が在籍した2010年から2012年の2年間が、グロスクロイツにとって一体どれだけ思い出に残る2年になったか」を、伝えたという。香川はその言葉にじっと耳を傾け、そしてグロスクロイツは、「そろそろ戻ってこいよ!」と話し、電話を切ったとのことだ。

>

【サッカー】ドルトムントのグロスクロイツが説得…香川に電話「そろそろ戻ってこい」

日本代表MF香川真司のドルトムント復帰が目前に迫っているが、それを最も喜んでいるのは果たして誰だろうか。