【佐世保女子殺害】加害少女の父(徳勝仁)が謝罪 「夫婦で最大限のことをしてきた」 → は?

長崎県佐世保市の高校1年の同級生を殺害したとして逮捕された女子生徒(16)の父親が2日、共同通信の取材に知人の弁護士を通じて応じ、書面で「どんな理由、原因でも娘の行為は決して許されるものではない。おわびの言葉さえ見つからない」と謝罪した。 最終更新日:2014年08月03日

作者に連絡

view

正直、心に響いいてこない

 長崎県佐世保市の高校1年の同級生を殺害したとして逮捕された女子生徒(16)の父親が2日、共同通信の取材に知人の弁護士を通じて応じ、書面で「どんな理由、原因でも娘の行為は決して許されるものではない。おわびの言葉さえ見つからない」と謝罪した。

徳勝もなみの父親は…
徳勝もなみ

 書面で父親は「複数の病院の助言に従いながら夫婦で最大限のことをしてきたが、私の力が及ばず、誠に残念」と述べた。

惚れさせ384 「謝罪」

出典:jigokuno.com
惚れさせ384 「謝罪」

被害者に対しては「何の落ち度もない。人生の喜びや幸せを経験する時間を奪ってしまった。苦しみと無念さ、ご遺族の衝撃と悲しみの深さを考えると胸が張り裂ける思い。本当に申し訳ございません」と繰り返し謝罪した。


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ