佐村河内氏の代理人が辞任「意見の違い」、ネット上では仕方ないの声多数

ゴーストライター問題の渦中にあり、現在の全聾(ろう)状態もウソと告白した作曲家佐村河内守氏(50)の代理人を務めていた折本和司弁護士らが15日、代理人を辞任したと明らかにした。 最終更新日:2014年02月15日

作者に連絡

view

ゴーストライター問題の渦中にあり、現在の全聾(ろう)状態もウソと告白した作曲家佐村河内守氏(50)の代理人を務めていた折本和司弁護士らが15日、代理人を辞任したと明らかにした。

佐村河内守 画像

出典:bins-dsrt.com
佐村河内守 画像

折本弁護士は辞任の理由について、佐村河内氏や関係者と「今後の方針に関し、意見の違いが生じたため」としている。

佐村河内氏は今月12日未明、8枚の便箋につづった謝罪文を報道各社に折本弁護士ら代理人を通じて送付。3年ほど前から耳の状態が回復し、(全く聞こえない)全聾の状態ではなくなったことなどを告白していた。これを受け、同日午後には、代理人名弁護士が経緯説明文書を発表。その中では、佐村河内氏と今月4日に初対面した当初、現在も「全聾(ろう)」と説明を受けていたが、7日になって、「少しずつ聴力が回復している」と変わったことを明かしていた。

20090604_1827_s

 佐村河内氏の聴力に関しては、6日、作品を代作していたことで桐朋学園大の新垣(にいがき)隆講師(43)が記者会見で発表した際に「初めて会った時から耳が聞こえないと感じたことは1度もない」と証言した。しかし、同日夜には折本弁護士が、佐村河内氏から聴覚障害2級の障害者手帳を見せられたことなどを根拠に「耳が聞こえないというのは本当だと思う」と反論していた。

新垣 隆 (Takashi Niigaki) ピアノ

注目まとめ

人気まとめ