【訃報】ボクシング、岡田哲慎選手がデビュー戦で死亡

日本ボクシングコミッション(JBC)は6日、東京・後楽園ホールで昨年12月20日に行われたスーパーフライ級4回戦でTKO負けした後に急性硬膜下血腫と診断されて開頭手術を受けた岡田哲慎選手(21)=ランドジム所属=が、6日午前に死去したと発表した。 最終更新日:2014年01月06日

作者に連絡

view

日本ボクシングコミッション(JBC)は6日、東京・後楽園ホールで昨年12月20日に行われたスーパーフライ級4回戦でTKO負けした後に急性硬膜下血腫と診断されて開頭手術を受けた岡田哲慎選手(21)=ランドジム所属=が、6日午前に死去したと発表した。

岡田選手(写真右)

岡田選手はデビュー戦だったこの試合後、医務室で意識を失い、救急車で病院に搬送された。JBCによると、国内試合での死亡事故は2010年2月以来で、1952年にJBCが発足してから38件目。 

岡田選手のことを知る者ではないが、若いボクサーが夢や志を持ってジムに通い、仲間たちと練習を続け、プロテストに合格。そして迎えた初舞台が一転して悲劇となってしまったことは想像するだけでも胸が痛む。プロボクサーとしての彼の名前がリング禍の記録として残るという悲しさは言葉に言い表せない。

このようなリング事故をゼロにするのが難しい競技ではあるが、それだけに、なおライセンス発行の許可から練習や試合における細心の注意を願う。つなげて考えるのは短絡的かもしれないが、岡田選手が意識不明で入院していた中で、前日計量を自力で行なえないほど衰弱した宮崎亮に試合出場の許可が与えられていたことなどを見ると、素人目にはまだ何か防止するためにできることがあるのではないかとも思う。

 ご遺族や関係者様に謹んでお悔やみ申し上げるとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。


注目まとめ

関連まとめ