「iPhone 6」来年5月発売と報道

「iPhone 6」が来年5月に発売されると報道されている 「iPhone 6」のディスプレイは4.9インチとなり大型化する模様 10月には12.9インチのディスプレイを搭載したiPadを発売するとの噂も 最終更新日:2013年12月25日

作者に連絡

view

アップルのサプライヤーからの最新の情報によりますと、アップルは来年の5月に4.9インチの大画面のiPhoneを、また10月には12.9インチのディスプレイを搭載したiPadをそれぞれリリースするようです。

Debt-Averse Apple Sets 6-part Bond Deal To ...

次期iPadはディスプレイは12.9インチで10月リリース

この情報はアジアにあるアップルのサプライヤーによるもので、詳細は23日にDigiTimesにより伝えられました。10月にリリースされる12.9インチディスプレイを搭載した次期iPadは北米の教育市場向けにリリースされ、Quanta Computerが製造することになるようです。

これまでアップルは次期iPadで12.9インチか13.3インチの大型ディスプレイを採用すると噂されていますが、この情報によりますと12.9インチが採用されるようです。

次期iPhone 6は4.9インチディスプレイで5月リリース

一方、次期iPhone 6では台湾のTSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing)が製造する20ナノメーターのプロセッサーが採用され、ディスプレイサイズは4.9インチとなり来年5月にリリースされると報じています。

今回の12.9インチのディスプレイを搭載したiPadは、教育市場向けだけでなく、さまざまなマーケットを対象に来年の早い時期にリリースされるとの情報もあり、アップルがiPadに大型ディスプレイを搭載するのは従来からの個人ユーザー向けのノートパソコン市場を大画面ディスプレイを搭載したiPadで置き換えようとしているとの見方もあります。

アップルに関して著名なKGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は今年9月に「アップルは2014年にディスプレイサイズが4.5~5インチのディスプレイを搭載したiPhoneをリリースする」と予想しており、5インチ以上の大きさのディスプレイは「アップルの片手で操作できる端末」を基本とするアップルの製品コンセプトに合わないので採用することはないだろうと述べています。


注目まとめ

人気まとめ