関ジャニ・大倉、民放連ドラ初主演 TBS系ドラマ『Dr.DMAT』でドクター役に初挑戦

人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が、来年1月スタートのTBS系ドラマ『Dr.DMAT』(毎週木曜 後9:00)で民放の連続ドラマに初主演することになった。大倉は、災害派遣医療チーム、通称『DMAT(ディーマット)』の隊員、八雲響を演じる。初のドクター役で命懸けの現場に挑む。 最終更新日:2013年11月05日

作者に連絡

view

人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義が、来年1月スタートのTBS系ドラマ『Dr.DMAT』(毎週木曜 後9:00)で民放の連続ドラマに初主演することになった。大倉は、災害派遣医療チーム、通称『DMAT(ディーマット)』の隊員、八雲響を演じる。初のドクター役で命懸けの現場に挑む。

大倉忠義 画像

出典:namituka.com
大倉忠義 画像

 この10年間、衝撃的な映像をもって報道された大災害や大事故。これらの現場に急行し、“瓦礫の下の医療”に従事した医療組織、それが「DMAT」だ。彼らの使命は災害現場で被災者の“命を繋ぐ”こと。満足な医療器具や環境が整っていない限られた条件下で、時には救命の優先順位をつけ、時には即興医療を施す。

DMAT.jpg

同ドラマでは、東京直下型大地震をはじめ、トンネル事故、毒ガス発生事故、土砂崩れ災害などの極限の状況で“命”と向き合う響の成長を軸に、さまざまな災害下で行われる災害派遣医療チーム=DMATの活躍・挑戦を、本物の「東京DMAT」「東京消防庁」の全面協力のもとドラマとして描き、日本のどこかで明日にも起こりうる災害直前の“今”を切り取っていく。

出典:stat.ameba.jp

共演は、響と同じ有栖川病院で働く医師として、加藤あい、市川実日子、佐藤二朗、麻生祐未(以上はDMAT隊員)、ほっしゃん。、國村隼が出演。響の妹役を瀧本美織、東京消防庁ハイパーレスキュー隊員役を高木雄也(Hey!Say!JUMP)、石黒賢が演じる。

ネット上の反応


注目まとめ