【告知】Facebook連携できない不具合を修正しました。

アジアに日本の風を!パナソニックがタイやインドでエアコン事業を展開

パナソニックが1月下旬からアジアでエアコンを増産すると発表し、タイで現地生産を始めたほか、マレーシアにある主力工場では4割増産し、合計で年間400万台を生産しています。日本の家庭の風がアジアに広まりつつある様子をまとめてみました。 最終更新日:2017年03月17日

作者に連絡

view

パナソニック製の日本の風をアジアに広める「エアコン事業」を展開

出典:topicks.jp

今アジアでは日本製の家電が展開しつつあるのをご存知でしょうか?
タイやインドではサムスンやLG電子、各国の家電大手が9割を占めているようですが、
果たして日本製のエアコン・家電をどう展開していくのか……
海外で戦う日本家電をまとめてみました。

年間で約400万台を生産!エアコン事業がガチでアジアへ進出

パナソニックは8日、アジアでエアコンを増産すると発表した。タイで現地生産を始めたほか、マレーシアにある主力工場では4割増産し、合計で年間400万台を生産する。

出典:www.nikkei.com

タイではバンコクに隣接するパトゥムタニ県のナワナコン工業団地にある既存の熱交換器工場にラインを新設。これまでマレーシア工場から輸入していたエアコンの普及モデルの生産を、1月から始めた。生産能力は年50万台で、うち6割はベトナム向けに輸出する。

出典:www.nikkei.com

マレーシアでは年250万台の生産能力を3月をメドに350万台に引き上げる。マレーシアからはアジアのほか欧米へも出荷している。タイとマレーシア合計では従来比で6割の増産となる。

出典:www.nikkei.com

エアコンが先陣を切り、後から他の家電を投入

パナソニックは、急成長するアジアでの家庭用エアコン市場の更なる事業拡大に向け、タイ・バンコクでの生産体制を拡充したことを発表した。家庭用エアコンの需要拡大を取り込み、積極的な事業展開を進めるという。

出典:kaden.watch.impress.co.jp

今回、タイにおける需要拡大を見込んで、パナソニック アプライアンス冷機デバイス タイ株式会社での、エアコン生産を開始した。2017年は約50万台規模の生産を予定しているが、需要増加に応じて、規模の拡大も検討しているという。

出典:kaden.watch.impress.co.jp

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する