【告知】Facebook連携できない不具合を修正しました。

【知らずに肌荒れさせてませんか?】日焼け止めの正しい選び方

たくさんある日焼け止め。種類がありすぎてどれがいいのかわからない・・・。日焼け止めを塗ると肌荒れが酷くなる人。選び方、間違えているかもしれません。 最終更新日:2016年06月01日

作者に連絡

view

出典:hino-town.net

「日焼け止め」の役割とは

基本的に日焼けというのは皮膚の炎症のようなものです。
これが原因で肌の老化に繋がるので、日焼け止めは日常的に使うことをおすすめします。

出典:ソーシャルトレンドニュース

太陽光の赤外線はしわ・たるみの原因になる

「最新の研究で太陽光に含まれる赤外線は、紫外線同様、肌にダメージを与えることが判明しました。
赤外線は紫外線よりも波長が長く、より肌の奥深くにまで浸透するため、メラニンの生成だけでなく、しわ・たるみ等の原因にもなるのです」

出典:ソーシャルトレンドニュース

夏からじゃ遅い!紫外線対策

5月の初夏の陽射しには、すでに侮れない量の紫外線が含まれています。

出典:eo健康

日焼け止めのSPFってなに?

SPF は、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示しています。例えば SPF 2であれば、日焼けするまでの時間を 2 倍に延ばせるということです。

出典:エイジングケアのビューティーバンク

日焼け止めのPA値ってなに?

PA値は、皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもので、強い方から++++、+++、++、+の4段階で表示されています。

出典:エイジングケアのビューティーバンク

効果の強い日焼け止めは要注意!


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する