<

1.トークンを発行だけでなくトークン支払いに利用可能
2.早いトランザクション(処理速度)
3.トークンの価格のボラティリティ抑制


1.トークンを発行だけでなくトークン支払いに利用可能
多くの仮想通貨の発行がされている中で、現実世界にて利用可能なのは現在ではビットコイン程度。
仮想通貨の先駆けであるのがビットコインではあるものの、現実世界での決済用ととして利用されることはまだまだ少ない。
しかしKINGSプロジェクトで発行されるKNGはリアル店舗の支払いに利用が可能であり、トークンの発行だけではなく、実店舗にて利用可能な決済端末を開発することに加え、ICカードやQRコードを利用した既存決済インフラとの接続技術の開発も目的としています。

2.早いトランザクション(処理速度)
ビットコインの実店舗普及が進まない理由として
決済の処理速度の問題が挙げられます。取引を確認するのに10分もかかるのです。クレジットカード決済の場合だと数秒で決済が可能なのに対し、ビットコインでは10分もかかるようでは、決済インフラとしてビットコインの利用が進まないことは当然。
しかしKINGSでは、仮想通貨の中で素早い決済を可能とすることで障害を1つ取り除こうとしている。
★10分に対し、KINGSは約15秒。


3.トークンの価格のボラティリティ抑制
仮想通貨取引所で日々の値動きが生じている中で、ビットコインですら1日に数パーセントの値動きが生じることもしばしば。
しかし仮想通貨を決済手段として捉えたときにボラティリティの大きい仮想通貨だと非常に利用し辛いのです。
現金に交換するまでに価値が半減する可能性もないとは言えないために、実店舗では仮想通貨を決済方法として利用するメリットは少ないというわけです。
KINGSでは仮想通貨の値動きのボラティリティリスクを抑制するとし、他の仮想通貨に比べて多くの仮想通貨を発行することで買い占めを難しくするという
手を考えています。それにより、流動性の確保も可能となってきます。

>