KINGSプロジェクトICOについてまとめ【キングスコイン】

ICOのKINGSについて 最終更新日:2019年03月04日

作者に連絡

view

キングスコイン概要

KINGSプロジェクトがゴールとするのは実社会での仮想通貨利用普及。

1.KINGSトークン開発と発行
2.実社会において仮想通貨利用の際に必要不可欠な決済端末の開発
3.ICカード、QRコードをお活用した既存決済インフラの活用技術の開発


仮想通貨の発行がされているが最大の流通量をもつビットコインですら
実店舗での利用はほんの一部にとどまっている状況です。

KINGSでは仮想通貨が当初目的としていた"実社会での仮想通貨を利用のための技術開発・インフラ提供をおこなうもの、実社会での利用が進んでいない、仮想通貨の決済プラットフォームとしての普及をめざす"

としています。

そんなキングスコインのKINGSプロジェクトの特徴は

1.トークンを発行だけでなくトークン支払いに利用可能
2.早いトランザクション(処理速度)
3.トークンの価格のボラティリティ抑制


1.トークンを発行だけでなくトークン支払いに利用可能
多くの仮想通貨の発行がされている中で、現実世界にて利用可能なのは現在ではビットコイン程度。
仮想通貨の先駆けであるのがビットコインではあるものの、現実世界での決済用ととして利用されることはまだまだ少ない。
しかしKINGSプロジェクトで発行されるKNGはリアル店舗の支払いに利用が可能であり、トークンの発行だけではなく、実店舗にて利用可能な決済端末を開発することに加え、ICカードやQRコードを利用した既存決済インフラとの接続技術の開発も目的としています。

2.早いトランザクション(処理速度)
ビットコインの実店舗普及が進まない理由として
決済の処理速度の問題が挙げられます。取引を確認するのに10分もかかるのです。クレジットカード決済の場合だと数秒で決済が可能なのに対し、ビットコインでは10分もかかるようでは、決済インフラとしてビットコインの利用が進まないことは当然。
しかしKINGSでは、仮想通貨の中で素早い決済を可能とすることで障害を1つ取り除こうとしている。
★10分に対し、KINGSは約15秒。


3.トークンの価格のボラティリティ抑制
仮想通貨取引所で日々の値動きが生じている中で、ビットコインですら1日に数パーセントの値動きが生じることもしばしば。
しかし仮想通貨を決済手段として捉えたときにボラティリティの大きい仮想通貨だと非常に利用し辛いのです。
現金に交換するまでに価値が半減する可能性もないとは言えないために、実店舗では仮想通貨を決済方法として利用するメリットは少ないというわけです。
KINGSでは仮想通貨の値動きのボラティリティリスクを抑制するとし、他の仮想通貨に比べて多くの仮想通貨を発行することで買い占めを難しくするという
手を考えています。それにより、流動性の確保も可能となってきます。

キングスコインの決済端末

決済端末の開発は、現実世界で使用できる仮想通貨決済システムの最も重要な要素です。実際の店舗で支払いを行うことができない限り、最も信じられない仮想通貨でさえも無意味です。

7

KINGSプロジェクトは、すでにいくつかの国で端末と財布の開発と展開に携わっているTiENPAY(香港)と提携し、KINGSの決済端末をできるだけ早く市場に投入するよう努めています。

出典:kasoukenre.jp

また、実際の店舗でバーチャル通貨を利用する最も一般的な方法は、スマートフォンでQRコードをスキャンする方法ですが、非接触ICカードによる支払いが既に普及しているオフライン環境でQRコードによる支払いが不可能な場合は、ICカードベースの決済機能を端末に組み込み、オフライン環境を含むあらゆる環境で、さまざまな国々で支払いを行うことができるエコシステムを構築する予定です世界。

さらに、ティエンペイは、KINGSバーチャル通貨とICカードのリンクテクノロジーについて非常に有利な評価を下し、KINGSとのグローバル展開に協力することに合意しました。

出典:kasoukenre.jp

出典:u8dsguii アップロード

キングスコインの展開地域は

香港、日本、シンガポール、イギリス、オーストラリア、カンボジア、韓国、ドバイ
以上の地域にて展開を予定しています。

スタート時のマーケティング領域としてハイエンドリゾートを進めています。

・ ドバイ及び沖縄などのハイエンドリゾートの支払い及び電子キーシステムへの導入
・ 自社運営の船上ホテル“エンターテイメントシップホテル”での支払い及び電子キーシステムへの導入

KINGSにて運営のエンターテインメントシップホテルから、ハイエンドリゾート領域で実績を積んだのち、周辺領域へもゾクゾクと進出。仮想通貨利用の決済プラットフォームの拡大の実現をはかります。

出典:u8dsguii アップロード

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する