<

スペランカーさん / 2016年4月26日 / PCから投稿

結構ツボに嵌る笑いもあれば、正直寒いと感じた笑いもあり、まあエロ・グロ・ブラックな笑い自体は嫌いじゃないんで、やりすぎなぐらいの演出もあれはあれで振り切れていてむしろ良くやったとは思ったのですが、映画そのものの面白さとしては、まずまずぐらいって感じで、「テッド」シリーズほどは嵌らなかったですかね。
とにかく全編にわたってお下劣&ブラックな笑いのオンパレード、数撃ちゃ当たる方式で、これでもかと引くぐらいのギャグを休むことなく繰り出していた映画でしたが、そのギャグをぬいぐるみではなく人間が繰り出すとなると、そこまでは笑えないものなんだなと、意外と冷静になって見てしまいました(それだけ自分には嵌らなかったと言うことなんでしょう)

出典:eiga.com
>

下品で笑える洋画ランキング

下品で笑える洋画を集めてみました^^ 腹を抱えて笑ってしまう洋楽トップ5はコレだ!