実はSF作家安部公房さん

SF作家 最終更新日:2017年08月27日

作者に連絡

view

東京府で生まれ、満洲で少年期を過ごす。高校時代からリルケとハイデッガーに傾倒していたが、戦後の復興期にさまざまな芸術運動に積極的に参加し、ルポルタージュの方法を身につけるなど作品の幅を広げ、三島由紀夫らとともに第二次戦後派の作家とされた。作品は海外でも高く評価され、世界30数か国で翻訳出版されている。
主要作品は、小説に『壁 - S・カルマ氏の犯罪』 (同名短篇集の第一部。この作品で芥川賞を受賞)、『砂の女』 (読売文学賞受賞)、『他人の顔』、『燃えつきた地図』、『箱男』、『密会』など、戯曲に『友達』、『榎本武揚』、『棒になった男』、『幽霊はここにいる』などがある。演劇集団「安部公房スタジオ」を立ちあげて俳優の養成にとりくみ、自身の演出による舞台でも国際的な評価を受けた。晩年はノーベル文学賞の有力候補[2]と目された。
生涯[ソースを編集]

安部 公房 安部公房全集 001~030 ...

出典:sumally.com

安部 公房 安部公房全集 001~030 ...

安部公房に対する研究に

安部公房演劇スタジオ§

安部公房全集 全30巻揃 安部 ...

出典:gensun.org

安部公房全集 全30巻揃 安部 ...

一日して成らず! ー安部公房 ...

安部公房

出典:gree.jp

安部公房

安部公房の最初期小説「天使 ...

出典:e-fccj.com

安部公房の最初期小説「天使 ...


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめを作成する