彼が生きていたら?劉備の養子 劉封 三国志

基本的に養子はできが良いというか優秀 最終更新日:2017年12月25日

作者に連絡

view


出典:YouTube
2010劉家昌封mic演唱會 林靈 往事只能回味+雲河+梅蘭梅蘭我愛妳 part 10/16
2010劉家昌封mic演唱會 林靈 往事只能回味+雲河+梅蘭梅蘭我愛妳 part 10/16

出典:YouTube
2010劉家昌封mic演唱會 楊宗憲 小丑+誓言+我找到自己 part 4/16
2010劉家昌封mic演唱會 楊宗憲 小丑+誓言+我找到自己 part 4/16

出典:YouTube
2010劉家昌封mic演唱會 朱海君 溫暖的秋天+敲敲門+秋纏 part 7/16
2010劉家昌封mic演唱會 朱海君 溫暖的秋天+敲敲門+秋纏 part 7/16

出典:YouTube
PS4 真・三國無双7 Empires エディットモード004「劉封」

出典:YouTube
刘华强干完封彪 刘华文悲催了 看完腿都吓软了

出典:YouTube
2010劉家昌封mic演唱會 劉家昌 一簾幽夢 開場 part 1/16
2010劉家昌封mic演唱會 劉家昌 一簾幽夢 開場 part 1/16

出典:YouTube
衝突管理----關羽與劉封的磨擦

出典:YouTube
三國志13_漢王朝復興END(劉封)

元々は長沙郡羅侯県の寇氏の子で、長沙の劉氏の甥であった。劉備に実子劉禅が生まれる207年以前、当時荊州に滞在し、未だ世継ぎの無かった劉備から養子に迎えられた。

212年、劉備が益州攻略戦に乗り出した。劉封は当時20余歳だったが武芸・気力ともに人より優れていたことから、諸葛亮・張飛らと共にこの戦いに参加し、随所で武功を挙げた。益州平定後、劉封は副軍中郎将に任じられた。

219年、孟達は劉備に命じられ、房陵を攻略した。孟達は続いて上庸に進軍したが、孟達1人では心許ないと思った劉備は、劉封を漢中から派遣して上庸で合流させ、孟達の軍を統率させた。劉封と孟達は申耽を降伏させ、劉封は副軍将軍に昇進した。

同年に樊城で曹仁を包囲した関羽から何度も援軍を要請されたが、占領したばかりでまだ動揺が収まっていないという理由で、これを拒否した。その結果、曹仁に援軍を要請された曹操が派遣した徐晃と趙儼と、孫権が派遣した呂蒙の挟撃を受けて関羽は大敗し、後に潘璋配下の馬忠に捕らわれて処刑された。劉封・孟達はこの事で劉備の深い恨みを買った。また、劉封は孟達とも対立しており、後に彼の軍楽隊を接収した。

220年7月、劉封に対する憤りと関羽を敗死させた罪への恐れから、孟達は魏に出奔。魏は孟達を建武将軍・新城太守に任じ、夏侯尚・徐晃と共に劉封を攻めさせた。その際、孟達は劉封の立場の危うさを指摘し、魏に帰順することを促す手紙を送ったが、劉封は従わなかった。しかし、申耽の弟の申儀などが反乱を起こし、劉封を襲ったため上庸は陥落し、成都への敗走を余儀なくされた。

劉備は、劉封が孟達を魏に奔らせたこと、関羽を救わなかったことを責めた。諸葛亮はこれに乗じて、劉封の剛勇さは次代の劉禅では制御し難くなるという理由から、劉封を除くように進言した。かくして劉封は死を賜る事になった。自決の際、劉封は「孟達の言葉に従わなかったことが残念だ」と嘆いた。これを聞いた劉備は彼のために涙を流した。

子の劉林(中国語版)は誅殺されず牙門将に任命され、蜀漢滅亡後の264年、河東郡に移住した。

『三国志』の撰者陳寿の評では、「先主(劉備)に嫌疑をかけられる立場に追い詰められているにも拘らず、その対策を全く立てようとしなかった。その身の破滅は当然である」と大変手厳しいものとなっている。

三国志演義[編集]


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめを作成する