美人過ぎる作家 綿矢りさ

綿矢 りさ(わたや りさ、本名:山田 梨沙〈やまだ りさ〉、1984年2月1日 - )は、日本の小説家。 京都市立紫野高校在学中「インストール」で文藝賞を当時最年少の17歳で受賞しデビュー。大学在学中の2004年、「蹴りたい背中」により19歳で芥川賞受賞 最終更新日:2014年07月19日

作者に連絡

view

美人過ぎる作家


出典:YouTube
美人すぎる〇〇な人たちをまとめ画像
可愛い女性 声優 画像まとめ:http://youtu.be/uXAVy5rqiwc 美人すぎる〇〇な人たちをまとめ画像 芸能界ではなく各界で活躍する美人さんは数多くいます。 個人的好み、主観ですのでご了承ください。 □美人すぎる〇〇な人達一覧(動画の掲載順番違います) 海上自衛隊東京音楽隊 三宅由佳莉(みやけ ...

幼少期からの読書好きで、小学生のころは江戸川乱歩や那須正幹の『ズッコケ三人組』シリーズ、『不思議の国のアリス』[2]、カニグズバーグ、『クマのプーさん』、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』などを愛読。中学生の頃からマーガレット・ミッチェル『風とともに去りぬ』や田辺聖子『言い寄る』を繰り返し読む[3]。中学では演劇部に所属。高校生の時、太宰治の作品を読んだことが切っ掛けとなり本格的に小説を書き始める[4]。
愛読書として上述したものの他に村上春樹の初期作品(『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』)、よしもとばななの『キッチン』、町田康『人間の屑』などを挙げている[3]。スティーブン・キングもよく読む作家の一人。好きな映画は『普通の人々』やマリリン・モンローの作品、オードリー・ヘップバーンの作品。かつて、文芸誌のアンケートでは、好きな映画は、洋画なら『愛と追憶の日々』、邦画なら『月光の囁き』と答えた。またエンターテインメントでは、AKB48の、特に前田敦子のファンでもあり、「(『蹴りたい背中』に登場するアイドルオタクの高校生になぞらえて)確実に私は背中を蹴られる側だと思います」と述べている[5]。『ときめきメモリアル』のファンとも語っている[6]。

いい女


出典:YouTube
綿矢りさ×高橋源一郎 3/3

美人作家


出典:YouTube
綿矢りさ 2002

完全に好みのタイプ


出典:YouTube
綿矢りさ×高橋源一郎 1/3

上品な美人です。


出典:YouTube
綿矢りさ

素敵です。


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめ作者

自己破産経験者の半身麻痺の傷害者 なんとかまとめで生計立てたい