既にメジャーを代表する投手になりました。ダルビッシュ有

ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、英語: Yu Darvish, 1986年8月16日 - )は、テキサス・レンジャーズに所属するプロ野球選手(投手)。大阪府羽曳野市出身。 最終更新日:2018年03月29日

作者に連絡

view


出典:YouTube
【奇跡】ダルビッシュ有さんから合同トレーニングのオファーがきました
クーニンTVについて チャンネル登録はこちら↓ https://www.youtube.com/c/qooninTV?sub_confirmation=1 サブチャンネルはこちら https://www.youtube.com/channel/UCgx5ymxhPZ6W3MMkvBXPPKQ?sub_confirmation=1 このチャンネルは管理人のクーニンが野球、体操中心にスポーツ ...

出典:YouTube
【最高品質】愛用のプロテインはこれです!!/ Yu Darvish
ホエイクエスト アルティマ http://www.berserker.jp/supplement/list/protein?t=ホエイクエストアルティマ

出典:YouTube
ダルビッシュ有選手が実践?ボディビルトレーニングは野球やスポーツに生かせるのか!?Yu Darvish players have done ?
ダルビッシュ有選手が実践?ボディビルトレーニングは野球やスポーツに生かせるのか!? Yu Darvish players have done ? Bodybuilding training apply to your sport! ? いつも【BodyMake&Diet】のビデオをご視聴頂き まして誠にありがとうございます。 Thank ...

出典:YouTube
ダルビッシュ流トレーニング論
チャンネル登録よろしくお願いします。

出典:YouTube
野球選手の食事管理:ダルビッシュ有のストイックすぎる日常
【トレーニング詳細はこちら】⇒http://iq99999.com/lp/baseball/ 野球選手の食事管理:ダルビッシュ有のストイックすぎる日常

出典:YouTube
【トレーニング】上半身のベストワークアウトと言えば? 是非トレーニングメニューに加えてください /Yu Darvish
【トレーニング】上半身のベストワークアウトと言えば? 是非トレーニングメニューに加えてください /Yu Darvish

出典:YouTube
【初動負荷】イチローさん直伝のメニュー! / Yu Darvish
【初動負荷】イチローさん直伝のメニュー! / Yu Darvish

出典:YouTube
ダルビッシュと仲間たち 16-17 トレーニングまとめ | Darvish&friends 16-17 training
ダルビッシュと彼を慕うプロ野球選手とのトレーニングを集めました。 大谷翔平 杉谷拳士 中田翔 藤浪晋太郎 etc.... darvishsefat11 https://www.instagram.com/darvishsefat11/ kenshi.02 https://www.instagram.com/kenshi.02/ music: Royalty Free Music_ Fight Night

出典:YouTube
【初動負荷】肩甲骨周辺を鍛えるマシーンを解説 / Yu Darvish
初動負荷マシーンが置いてある施設一覧 http://www.bmlt-worldwing.com/newpage...

失敗したのは嫁選びだけですね。ダルビッシュ有


出典:YouTube
やっぱり大物!ダルビッシュ有・高校時代のインタビュー
Yu Darvish's highschoolhood interview.

走者のいない場面でもセットポジションで構え、スリークォーターから平均球速92.8mph(約149km/h)、レギュラーシーズンでの最速98mph(約158km/h)の速球(フォーシーム、ツーシーム、ワンシーム)と、数種類のスライダー[95]、カットボール、球速の違う数種類のカーブ[96]、数種類のフォークボール(スプリッター)、稀にチェンジアップなど多彩な変化球を投げ[97][98]、球種の全てが平均的な投手を上回る質を持つ[99]。特にスライダーはジョン・スモルツ以来最高と評され[100]、メジャーの打者からは「速いスライダーは視界から消えてしまうんだ。ボールの縫い目すらよく見えないくらいだ」、「緩い方のスライダーはあれだけ遅いとスラーブのように変化しそうなもんだが、そうじゃない。フリスビーみたいじゃなくて、右打者から遠ざかるように曲がり落ちていくんだ」と言われている[101]。
2010年の平均球速は146km/hだったが[102]、オフに取り組んだ肉体改造により翌2011年には平均球速を149km/hまで増加させ[96]、9回でも平均球速148km/hを下回らなくなった[96]。さらに同年からはサイドスロー[103]やワインドアップからの投球も見せた[104]。本人によると「もともとサイドスローなため、サイドの方が球速が出る」という[105]。
ナックルボールやシンカーも投げられるが、2007年以降公式戦では投げていない[97]。ルーキーイヤーの2005年はシンカーを決め球とするピッチングだったが、2006年からはチェンジアップ、フォークボールの精度が向上したためシンカーをほとんど投げなくなり、翌2007年には封印した[97]。2007年からはカットボールと縦スライダーを、2008年からはSFFを習得し投げ始めた[97]。2010年のオープン戦からは同僚だったバディ・カーライルに教わったワンシームを日本人投手として初めて投げ始める[106][107]。同年6月19日のオリックス・バファローズ戦からは140km/h台の高速チェンジアップを投げ始めた[108]。高速チェンジアップの利点は、直球に近い球速で曲がる為、打者が直球と見分けが付きづらいこと、通常のチェンジアップに比べて制球がしやすい点があるという[108]。さらに同年のオールスターゲームでは打者の手元で浮き上がるカットボールを投げ[109]、対戦した阿部慎之助は同球種を「サイドとかアンダースローのようなふわっと浮くボール」と説明した[109]。カーブは球速の違う数種類のカーブを使い分けていたが、2011年からはカットボールの握りで投げる100km/h前後の遅いカーブを主に投げるようになった[96]。レンジャーズ移籍後は遅いカーブに加え、最大41センチの落差を誇るパワーカーブを決め球の一つにしている[110]。
与四球率は日本での通算2.13を記録しているものの、2008年には白井一幸から「非常に高いレベルにあるのは確かだが、細かいコントロールは当時の松坂のほうがまだいい」と評されていた他[111]、メジャーのスカウトからは「コントロール(ストライクを投げる能力)は平均以上である一方でコマンド(狙ったスポットに投げる能力)は平均的」[112]、「球数を減らす必要がある」[113]、「制球を良くすれば、ティム・リンスカムと肩を並べる存在となる」[114]、「コントロールは優れている。最大の課題はコマンド。20~80段階で50」と評価されていた[115]。ダルビッシュ自身も「ストライクゾーンには投げられるけど、コマンドはもともとそれほど優れている方ではなかったし、あまり必要としていなかった。でも、こっち(メジャー)ではどうしても欲しい技なので、どうやったら上達するか考えながらやっています」と語っている[116]。


注目まとめ

人気まとめ

まとめ作者

自己破産経験者の半身麻痺の傷害者 なんとかまとめで生計立てたい

まとめを作成する