鉄子だったのか!?キュート過ぎる女優 木村文乃

木村 文乃(きむら ふみの、1987年10月19日 - )は、日本の女優。本名同じ。 東京都出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 最終更新日:2014年11月30日

作者に連絡

view

キュート過ぎる鉄子女優の動画&画像を纏めました。

略歴

2004年、DHC 映画『アダン』ヒロインオーディションで応募者3,074人の中から選ばれ、デビュー。特別賞は比嘉愛未。
2005年、2006年、日本プロボウリング協会「DHC レディースオープンツアー」イメージガール。
2006年1月13日、日本ボウリング場協会主催、第13回ボウリング・マスメディア大賞個人賞受賞。同年、同協会のボウリング親善大使を務め、インディジャパンのイベントなどに参加。
同年、ブログパーツ、サイバークローン初のモデル(デジタルクローン)となる。
同年、大河ドラマ『功名が辻』(NHK)に出演。
2008年、連続テレビ小説『だんだん』(NHK)に出演。同年10月、大阪府警察南警察署の一日警察署長を務めた。
デビュー当初の所属事務所はオフィス・タカ。次にフロンティアエンタテインメント。2010年春に、現在のトライストーン・エンタテイメントに移籍した。
2011年4月、ちふれ化粧品のコマーシャルでの透明感あふれる姿で注目度が高まったことを始め、それまで無名に等しかったにもかかわらず立て続けに4本のコマーシャルに起用され、注目を集めた[1]。特に7月のNTTドコモのコマーシャルで桑田佳祐の相手役としての出演時の反響が大きく[2]、前月前期はトップ10から外れていたコマーシャル好感度ランキングが、木村出演後には一気に2位に急浮上した[1]。 以降、「○○のコマーシャルの子」と知られることが多くなる[3]。
2013年10月25日、オフィシャルサイトを開設。
2014年4月、蜷川幸雄演出の舞台『わたしを離さないで』に出演し初舞台を踏む予定。


注目まとめ

関連まとめ

まとめ作者

自己破産経験者の半身麻痺の傷害者 なんとかまとめで生計立てたい