【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

取得にあたりいろいろ考えることが、まずデメリットについて見ていきます

取得にあたりメリットだけを考えがちですが、あまり話にはでませんがデメリットもあります。 最終更新日:2016年11月02日

作者に連絡

view

もう少し考えましょう

第三者から客観的に個人情報の適切な管理ができていると認証されたことを示せることで信頼獲得が容易になるのはメリットであるものの、取得することにはデメリットもあります。

個人情報の管理は現代ビジネスにおける必須事項となっており、個人情報の取り扱いが適切に行われていることを示せることは企業として信頼を得るために欠かせません。

その観点から取得することが進んでいるのがプライバシーマークです。プライバシーマークを取得することのデメリットとして筆頭に上がるのがその状態を維持していく大変さです。
プライバシーマークを取得した後も二年ごとに更新を行う必要があることに加えて、一年に一度の内部監査を行ってその資料を保管しておくことが義務付けられています。

また、従業者に対して一年に一度の個人情報保護教育を行う必要があるのも負担になりがちな点です。
常勤の正社員のみを従業者としている場合には新人教育の過程で全員に教育を施せば良いと考えられますが、この義務はパートやアルバイトなどの短期従業者に対しても適用されます。



注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する