【告知】Facebook連携できない不具合を修正しました。

日本ダービー初勝利!川田将雅騎手とマカヒキまとめ

日本ダービー、川田将雅騎手騎乗のマカヒキが世代の頂点に! 最終更新日:2016年05月29日

作者に連絡

view

日本ダービー。川田将雅騎手騎乗のマカヒキがV!!

最後はサトノダイヤモンドとの一騎打ち!


出典:YouTube
マカヒキ 日本ダービー G1 2016/05/29 東京10R 【競馬】
マカヒキ 父:ディープインパクト 母:ウィキウィキ(フレンチデピュティ) 2016/05/29(日) 第02回 東京12日目 東京芝・左2400M 第83回 東京優駿 日本ダ...

マカヒキとは?

日本の競走馬である。2015年10月18日、京都競馬場芝1800メートルの新馬戦で、ミルコ・デムーロの騎乗でデビュー。デビュー戦を勝利でかざる。
次走に注目が集まったが、レース後に鼻出血を発症。止むを得ず放牧に出され、次年に備えることとなる。
2016年の初戦若駒ステークスで勝利し、続く弥生賞では朝日杯フューチュリティステークスの1着、2着馬であるリオンディーズ、エアスピネルとの対戦となったが、最後の直線で先に抜け出したリオンディーズにクビ差をつけて優勝、レースレコードで無傷の3連勝を飾った。
次戦となる皐月賞から、川田将雅を鞍上に迎えたが、ディーマジェスティを捉えきれず2着に敗れた。
そして迎えた日本ダービーで雪辱をはたす。

欧字表記
Makahiki[1]

品種
サラブレッド

性別
牡[1]

毛色
鹿毛[1]

生誕
2013年1月28日[1]

死没
(現役競走馬)


ディープインパクト[1]


ウィキウィキ[1]

母の父
フレンチデピュティ[1]

生国
日本の旗 日本(北海道安平町)[1]

生産
ノーザンファーム[1]

馬主
金子真人ホールディングス(株)[1]

調教師
友道康夫(栗東)[1]

競走成績


生涯成績
5戦4勝[2]

勝ち鞍
東京優駿、弥生賞(2016年)[

wikipediaより

出典:ja.wikipedia.org
... パドック】マカヒキ/弥生賞

川田将雅騎手とは?

川田 将雅(かわだ ゆうが、1985年10月15日[1] - )は日本中央競馬会 (JRA) 所属の騎手。

曾祖父(川田若弥)が佐賀競馬場所属の騎手で、祖父(川田利美)・父(孝好は佐賀競馬場の現役)・伯父(宮浦正行は大井競馬場の現役)が調教師という競馬一族に生まれる。同じくJRA所属の鮫島良太騎手とは、幼稚園時代から先輩後輩の関係。

妻は元タレントのおおつか麗衣
エピソードとして、2005年2月26日の丹波特別でゲヴァルトがゲートで暴れて第2頚椎骨折を発症し斃死した。その時、将雅は真っ先にゲヴァルトの元に向かい、その後関係者から渡されたゲヴァルトのゼッケンを持ち帰り、泣き崩れていたという話がある。将雅にとっては初の特別勝ちをもたらしてくれた馬である。
また、2007年4月1日、阪神競馬第1レースの3歳未勝利戦にて白毛馬のホワイトベッセルに騎乗して勝利。JRA史上初の白毛馬での勝利騎手として歴史に名を残すこととなった。この時は余程嬉しかったのか、第1レースの未勝利戦であるにもかかわらずガッツポーズを見せた。レース後のコメントでも「重賞レースと同じくらい興奮した」と語っている。
因みに自分が乗った馬のことを「この子」と言う。
国籍
日本の旗 日本

出身地
佐賀県[1]

生年月日
1985年10月15日(30歳)

身長
157cm[1]

体重
45kg[1]

血液型
B型[1]

騎手情報


所属団体
JRA[1]

所属厩舎
栗東・安田隆行(2004.3.1 - 2005.12.31)
栗東・フリー(2006.1.1 -)[2]

初免許年
2004年

免許区分
平地[


... 川田将雅騎手=鳥栖市の佐賀

wikipediaより

出典:ja.wikipedia.org

素晴らしいコンビですね。これからも勝利を積み重ねてほしいです!


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する