【ドリフトスピリッツ】ストーリーを進めていく為に、エリアごとの紹介とまとめ【画像あり】

ドリフトスピリッツのストーリーを進めていく為の、エリア1~6をまとめてみました。 宜しくお願い致します(^▽^) 最終更新日:2015年07月08日

作者に連絡

view

ストーリー AREA 1

アフロのヒロシ

最初のボス。奈美子に絡んでいたところに現れた主人公と最初に勝負することになった。神風連合の一員。その後のストーリーにもよく登場するキャラクター。お調子者で他のキャラクター達からも粗雑な扱いを受けることが多い。


峠に来たばかりの主人公に煮え湯を飲まされたアフロのヒロシ。彼は自らの仲間を連れ、再度勝負を挑んできた。神風連合の傘下チーム、『アフロディーテ』。総数20人との勝負が幕を開けた。

DJサイゴー

アフロのヒロシに勝った後に現れるラッパー。ラップ口調で会話をするが、敗北したり意気消沈しているときには元気を失って言葉も沈んだものに変わっている。主人公達に対しては関わることは少なかったが、最後には不器用ながらに協力をしてくれた。

愛車は『RX-8 SE3P』



アフロのヒロシに勝利した主人公と奈美子。そんな二人の元に新たな敵が現れる。アフロのヒロシが連れてきた新たな敵、DJサイゴー。ラップ調で話すDJサイゴーと、チーム『ラップトップ』との勝負が始まる。

ドラゴンのマスジ

威圧感のあるガラの悪い金髪の男。主人公に敗北したアフロのヒロシやDJサイゴーに激昂し、自ら挑んでくる。常に強気な態度で居るが、ターバンのケンに対してはあまり強く出れない様子。

愛車は『CIVIC TYPE-R EK9』


二人の前に、アフロのヒロシとDJサイゴーが現れる。二人は意気消沈した様子で、普段の元気が感じられなかった。忠告に来たというヒロシ。神風連合には「葦柄の双剣」と呼ばれる2人の実力者がいるらしい。その中の一人、「ドラゴンのマスジ」に主人公達は目をつけられたらしい。二人は「ドラゴンのマスジ」と、チーム「毒含竜(どくがんりゅう)」との勝負をすることになった。

ターバンのケン

白いフード付きのパーカーを着ている、ターバンを付けた男性。常に冷静な面持ちで、どのような時でも落ち着きを失わない。

愛車は『LANCER Evolutionlll CE9A』



ドラゴンのマスジに勝利した二人の前に現れたのは、ターバンのケンだった。神風連合の一人として、敗北を続けているケジメをつけに来たという。彼も今までの敵同様に、二人へと勝負を挑んでくる。勝負を始める前、現れた男をケンは「神風」と呼んだ。彼は見物人と自らを言い、勝負の行方を見守るようだった。ターバンのケンと、チーム『デスパレード』のメンバーとの戦いが始まる。

神風のトオル

テンガロンハットをかぶっている茶髪。主人公に敗北した後は仲間となり、情報提供などをしてくれるようになる。

愛車は『SUBARU BRZ ZC6』最後に戦う際はとっておきの愛車『NSX TYPE-R NA2』



神風連合の幹部達全員に勝った主人公の前に、一人の男が立ちはだかる。神風連合のボス、「神風のトオル」。彼は他のメンバーと違い、メンツや名誉へのこだわりは示さなかった。ただ単純に、強い奴が正義だと彼は言う。神風のトオルとの勝負が始まろうとするその前に神風連合のメンバー達が現れる。今まで倒してきたアフロのヒロシやDJサイゴー、その他のメンバー達がリベンジを申し込んでくる。

ボス戦のポイント

コースに特に難しい場所はないので、落ち着いてやれば負けないだろう。ボスだからと慌てずに、ロケットスタートをしっかり決めること、ドリフトのタイミングを成功させることが大切だ。3つ目のドリフトコーナーが長いため、ここでニトロを使うと効果的である。もし勝てない場合はパーツの強化をしているか、パーツはしっかり取り付けできているかを見直してみよう。

出典:AREA1/神風のトオル - ドリフトスピリッツ(ドリスピ)攻略Wiki
ドリスピ FC3S

ストーリー AREA 2

グルーヴィ・マサヤ

ジャマイカ風の格好をした男。神風を倒した主人公に最初に挑んでくる。

愛車は『SAVANNA RX-7 FC3S』



神風連合に勝利し、来る四天王とのバトルに備えていた主人公と奈美子。二人の元にヒロシとトオルが訪れてきた。やはり、四天王との戦いは避けられないと告げる神風のトオル。好意的な反応を示して帰って行く二人と入れ違いに、別の男が入ってきた。新たな敵『ハートビーツ』のメンバーだと名乗るのは「グルーヴィ・マサヤ」。皇帝の情報を得る為にも、闘いは避けられない。彼のチーム、『レゲエ・パンチ』との戦いが始まった。

スローハンドのシゲル

白髪混じりの長髪の男。スローハンドの所以は、ハンドル捌きが速すぎて遅く見えることから付けられた。

愛車は『IMPREZA WRX STi VersionVI GC8』



グルーヴィ・マサヤに勝利した主人公達の前に現れたのは『スローハンドのシゲル』だった。走り屋でありながら情報通でもあるという彼に、奈美子は皇帝の情報を聞こうとする。何かを知っている様子のシゲルだが、当然簡単に教えるつもりはないようだった。皇帝の情報を聞き出すために、チーム『ブラインドフェイス』とシゲルに実力を示すことになった。


注目まとめ