【告知】Facebook連携できない不具合を修正しました。

【驚愕】F35戦闘機の垂直離陸がロボット変形みたい!まさにマクロス!

驚愕】F35戦闘機の垂直離陸がロボット変形みたい!まさにマクロス!…F35B戦闘機の離陸映像をまとめたものです。もはや滑走路いらずで、戦闘機もここまでくるとアニメのようです。今にでもトランスフォーマーやマクロスのように変形ロボットに変身するのではというぐらいにカッコいい映像ですので、お楽しみに! 最終更新日:2016年11月12日

作者に連絡

view

F-35 ライトニング II(英: F-35 Lightning II)は、アメリカ合衆国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発している単発単座の多用途性を備えたステルス戦闘機である。


出典:YouTube
【驚愕】F35戦闘機の垂直離陸がロボット変形みたい!まさにマクロス!
【驚愕】F35戦闘機の垂直離陸がロボット変形みたい!まさにマクロス!…F35B戦闘機の離陸映像をまとめたものです。もはや滑走路いらずで、戦闘...

出典:YouTube
F-35 戦闘機のグッと来るシーンをまとめてみた。 F-35 cool scene together.
かっこいいね。

開発の経緯
SDD(システム開発実証)機であるAA-1
約100回の飛行後に退役し、その役目を終えた
アメリカのF-16、A-10、F/A-18、AV-8B、およびイギリスのシーハリアー、ハリアー GR.7/GR.9、カナダのCF-18などを含む、多種類な戦術航空機を同じ原型の機体により代替する新型機の開発を目的とした「統合打撃戦闘機計画」に基づき、ボーイング社のX-32とロッキード・マーティン社のX-35の2種の概念実証(CDP)機が開発された。

開発競争の結果、全体として完成度が高く、目標性能に合致またはそれを超えた性能を持ち、計画の次の段階に入るための基準と技術的熟成を達成されており、STOVL型でリフトファンを採用した、X-35がシステム開発実証(SDD)の段階へ進む機体として2001年10月26日に選定された。その後、X-35にはF-35の制式名称が与えられた。

今後半世紀程は世界中の空軍や海軍で各仕様が運用されることが決まっており、オーストラリア空軍などは既にF-35Aを受領している。2016年1月にはイギリス海軍に、アメリカ以外では初のF-35Bが引き渡され、今後もA型を中心に順次各国へ引き渡される。

運用期間については、2070年までの使用が想定されている[4]。


出典:YouTube
【F35戦闘機垂直離陸!】性能と実力を検証してみた結果…
世界よ これが日本だ(防衛編)他のおすすめ動画 【防衛省の野望】日本が独自でレールガンを開発するまで… https://www.youtube.com/watch?v=EPoX6GHbPpI...

出典:YouTube
【衝撃】カメラが捉えた戦闘機の恐ろしいクラッシュ映像 13連発!
【衝撃】カメラが捉えた戦闘機の恐ろしいクラッシュ映像 13連発!…あらゆる戦闘機のクラッシュ(事故)映像まとめです。 【関連動画】 【衝撃】...

注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめ作者

sibasen

sibasenさん

いろいろまとめてみたですうう

まとめを作成する