【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

車のクラクション使い方まとめ

車を運転される方も、されない方もご存じクラクション。 危ないとき以外にも使ったりしますよね! そんなクラクションについてまとめてみました。 最終更新日:2016年05月24日

作者に連絡

view

クラクション

警笛(けいてき)とは自動車や鉄道車両、船舶等において、自らが近づくことを音を使って他の通行対象に知らせるために使用する保安用具である。警音器(けいおんき)ともいう。
自動車ではクラクション (klaxon) やホーン (Horn) と呼ぶ物。

出典:ウィキペディア

警笛(けいてき)、警音器(けいおんき)、クラクション (klaxon) やホーン (Horn)といいます。
ちなみに船舶は汽笛(きてき)、鉄道車両では蒸気で吹鳴するものを汽笛、圧縮空気で吹鳴するものは空気笛といいます。

危ない時

車を運転していると、クラクションを鳴らそうかどうか迷う時があるのですが皆さんいかがでしょうか(^^)?
あまり鳴らしてもうるさいけど、危ないときは鳴らしたほうが良いですよね!!
そこの線引きが難しいです・・・

出典:忍者ブログ

危険を防止するためにやむをえない場合は鳴らします。
危機回避に使ってください!

出典:bokete.jp

危険を防止するためにやむをえない場合はOK

道路標識で指定された場所や区間では警音器を鳴らさなければならない

道路交通法第54条にクラクション(警笛)についての規定があります。
その第1項では、
「車両等の運転者は、道路標識で指定された場所や区間では警音器を鳴らさなければならない」となっております。

出典:車のまぐまぐ!

警笛鳴らせ!!

「挨拶」や「お礼」として使う

知り合いとすれ違う際に「挨拶」として、
道を譲ってもらった際に「お礼」として使うのはいかがでしょうか?


注目まとめ

人気まとめ

まとめ作者

seikou

seikouさん

たくさん情報はあるけれどどの情報が良いのか分からない! そんなありすぎる情報の中から自分自身で選ぶためのお手伝いができればと思いますm(__)m