【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

借金を返済で困ったら・・・大幅に減額する方法をあるって知ってました?

債務整理をして借金を大幅に減らしてみませんか? 借金に悩む生活から早く抜け出して自分の人生を取り戻しませんか? 最終更新日:2016年10月07日

作者に連絡

view

今年27歳の女ですが借金があり、将来に希望が持てません。

借金の内容ですが、奨学金が毎月3万弱が18年続きます。

クレジットで買い物したのが返済できなくなって
借りて返したところ、その後どんどん増えました。
消費者金融月6万。

それが返済できてたのは実家暮らしだからですが、
親との約束で28歳には結婚してもしてなくても
家を出て行かなければなりません。(兄弟が多く実家も余裕がないため)

手取りが18万くらいあるのですが、これで一人暮らしできますか?

副業すると会社に必ずばれると聞くのですが、本当ですか?

無事返済できても、借金のあった女と結婚したいと思う人はいるでしょうか?

そもそも借金ってばれるでしょうか?

たくさん聞いてすみません。不安でいっぱいです。

親は消費者金融の方の借金は知りません。

出典:お金の悩み知恵袋

専業主婦の私20代前半、1歳の子供持ちです。

先日旦那の借金が300万程発覚しました。
(4ヶ月で作った金額)

これは私と結婚してからギャンブルで作った借金だそうです。

旦那の両親に言いつけたら、これが初めての
借金ではないことを聞かされました。
(以前の借金は旦那の両親が代わりに返済したそうです)

旦那は反省の色もなく、余計に腹立たしく…
たまにケンカしますが仲の良い夫婦だと思っていたので
裏切られたことがショックです。

出典:お金の悩み知恵袋

債務整理とは

個人の債務を整理する手続の総称。借金の額を減らし、重い利息負担からの解放を目的とする。具体的には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」がある。
 任意整理(私的整理)は司法書士、弁護士などに依頼して、すべての債権者と裁判所を介さずに交渉し、借金を減額して3~5年程度の分割返済での和解を成立させる手続である。ただし5年程度は信用情報に記載されるため新規の借入れができなくなる。
 特定調停は、債務の返済ができなくなるおそれのある債務者(個人、法人を問わず)が簡易裁判所に申立てを行い、調停委員のもとで債権者と話し合って借金の減額や返済方法などについて和解を成立させる、民事調停の特例である。5年間程度は信用情報に記載され、新たな借入れができなくなる。

出典:kotobank.jp

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する