<

当初はわずか10人という少人数から始まった小さな塾でしたが、英語教育だけでなく個性に応じた少人数の教育、広い視野を持つことができるような人間の育成など、女性が卒業後も社会で自立していけるような実用的な教育が認められるようになり、戦後は「津田塾大学」となって現在に至ります。

出典:海外日本人情報ネットワーク

梅子が考える女性の地位向上は、単に権利を主張したり要求したりするだけではなく、女性が自らを高めることで聡明さやその能力から周囲の尊敬を得られるように目指すものでした。このような考え方は、とかく女性の権利だけを主張する現代の風潮にも取り入れるべきものではないでしょうか? (これも引用です)

>

渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎

新札が発行されるそうです。新札の肖像画は、渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎。歴史の教科書にも出てくるいずれおとらぬ有名人ではあるのですが、いまいちピンときません。そこで、彼らが何をした人達なのか、簡単にまとめてみました。