米中貿易戦争勃発!

戦争が始まったって!第二次冷戦ってか。昔あった日米貿易摩擦の拡大版?北朝鮮の相手をしているヒマはないってこと? 最終更新日:2018年09月19日

作者に連絡

view

米中貿易戦争 アメリカ:対中国第3弾

トランプ米政権は17日、中国の知的財産権侵害に対する制裁関税の第3弾として、24日に年間輸入額2000億ドル(約22兆円)相当の中国製品を対象に追加関税措置を実施する方針を表明した。当初は税率10%で発動するが、中国が年末までに政策変更に応じない場合、25%に引き上げる。発動されれば、中国も報復する方針で、米中の貿易戦争は一気にエスカレートする。

出典:毎日新聞 デジタル毎日 9月18日

第3弾は、トランプ氏が制裁規模を重視した結果、家具や家電、衣類など生活に関連の深い品目を多く含み、5745品目が対象になる。関係業界の意見を反映し、スマートウオッチのほか、一部の電子機器や農産物などを対象から外すなど、当初案から約300品目減らした。年末商戦を控えて年内は税率を10%に抑えるが、中国への圧力を強めるため、来年1月1日以降は税率を25%に引き上げる方針だ。

ここらで、トランプ大統領の対中国制裁をまとめておこう!

トランプ大統領の対中国制裁関税
  第1弾 7月6日発動  340ドル規模
   自動車   航空・宇宙関連   原子炉   産業用ロボット
  第2弾 8月23日発動  160億ドル規模
   半導体関連   鉄道車両   化学製品
  第3弾 9月24日発動  2000億ドル規模
   家具   家電   衣類

   
   

 

7月10日、加熱する戦争! 米、対中制裁22兆円上積み=報復に対抗

戦争だって!?


出典:YouTube
米中貿易戦争 次の交渉カードは?!
米中貿易戦争 次の交渉カードは?!中国の関税譲歩では終わらない米の制裁!人民元安誘導も米国国債売却もできない中国?!

これはかなり本気だぞ!

「貿易戦争」の始まりは、トランプ政権が3月に中国製の鉄鋼とアルミに追加関税を課し、中国もお返しをしたこと。以来、米中の報復合戦が繰り返されるたび、世界の株式市場は動揺してきた。
貿易をめぐる米中対立は、石油市場からハイテク産業に至るまで、幅広い産業に悪影響を及ぼしている。特に後者への打撃は深刻だ。中国の通信機器大手の中興通訊(ZTE)は、アメリカの部品の輸入禁止などの制裁措置を受け、操業停止に追い込まれた(その後トランプは態度を変え、制裁を緩和する姿勢を見せている)。

出典:News Week  2018年6月21日(木)17時40分

(貿易戦争に)勝者はいない。どちらも負ける」、とクックはCNNの番組で語った。「負けが分かりきっているのだから、米中両国は問題を解決できるはずだ。

日本への影響は?

自動車業界にとって最大の関心事は、米国による自動車関税賦課である。仮に2.5%から25%へ引き上げられると、業界全体で1兆円の負担増になる(販売価格が据え置かれた場合)。大打撃を受けるのは、SUBARUやマツダといった国内生産偏重組に限定されてはいる。
 だが、それも北米自由貿易協定(NAFTA)が成立していることが前提だ。米国の再交渉が不調に終われば、メキシコ生産を前提に将来の計画を立てているトヨタ自動車、日産自動車、ホンダといった大手メーカーも、戦略修正が不可避となる。

出典:DAIMOND ON LINE 2018.7.2

米中の制裁品目に関わるサプライチェーンを見直さなければならない。米国と取引のある中国企業へ部品を納入するあるメーカー社員は、「まるで流れ弾に当たったようなもの」とため息をつく。


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめ作者

ridaia

ridaiaさん

いやあ、その、まあ、なんですわ。ですから、そういうことで・・。

まとめを作成する