観葉植物初心者が気を付けるべき点と対処法

気軽に緑をお家に取り入れることが出来る観葉植物ですが、気付いたら「元気がなくなってる・・・?」ということも。しっかりお手入れしてあげましょう^^ 最終更新日:2016年09月12日

作者に連絡

view

春から夏は成長期 しっかり水やりしましょう!

水やりはしっかりと!

観葉植物は生育期にあたる春から夏にかけて最もよく成長するため、この時期が一番水切れを起こしやすくなっています。水切れを起こすと葉先が枯れてしまいますので、そうなる前にしっかりと水やりを欠かさず行うことが大切です。

出典:http://foliageplant-promotion.com/raise/trouble.html

植物は日光が好きだよね♪・・・あれ?枯れてる?

光線が強い場所に置いていませんか?

「葉焼け」が原因かもしれません

植物によっては、半日陰を好んだり、日陰の場所で生育したりする植物があります。そのような植物を明るい強い日差しの当たる場所へ置いておくと「葉焼け」を起こしてしまい、葉っぱの色が変わり、葉を落としたり、葉っぱが枯れたりしてしまいます。

出典:www.bloom-s.co.jp

日光の当てすぎはダメ。でも当てなさすぎもダメ。

日光の当てすぎも葉やけを引き起こしますが、日光不足も植物が枯れる原因です。

出典:www.copiapoa.jp

その鉢、もしかしたら窮屈なのかも

鉢いっぱいに根が育つと枯れる原因に。

生育期にちゃんと水を与えているにもかかわらず、葉先が枯れたら根詰まりしている事があります。根が詰まってくると鉢の底から根が出てきます。

出典:happamisaki.jp-o.net

観葉植物のほとんどが、鉢に植えられています。
この鉢いっぱいに根が育ってしまうと、栄養分や水を吸収できなくなるのです。

出典:www.copiapoa.jp

注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめ作者

rayc

raycさん

自然がいっぱいのド田舎からお届けします☆