俳優の年収大公開!ランキングにビックリ?

毎日色んな番組で活躍している芸能人・・ 「一体いくらもらっているの?」と思っている人は多いことでしょう。 一般人からは想像もつかない芸能人の年収を、 一挙大公開!&ランキングをまとめてみました。 最終更新日:2016年03月20日

作者に連絡

view

2013年の国税庁の調査によると、
年齢・業種・性別など関係なく全てひっくるめて、
日本人全体の平均年収は414万円で、
男性511万円、女性272万円となっています。

出典:UpIn[アップイン]

ところが  役者の平均年収979万円
(2014年8月6日放送日本テレビ系列「ナカイの窓」
芸能人100人集結! 年収&恋愛&私生活 一斉調査4より)。

とくに舞台は一か月公演だと1億5千万にもなるそうだ。
しかし、役者の世界にも格差はあり、客を呼べる役者と呼べない役者では雲泥の差。
芝居だけで1,000万円を超える人は少ない。

口コミ調べでの役者の平均年収は200万円前後。
少ないようにも感じますが、あくまでも役者業のみでの年収の算出であって

日本の役者はタレントや歌手活動など幅広く活動し、
役者業のみで活動している人は少ないようです。
   ※推定年収

出典:UpIn[アップイン]

男性俳優 ランキング

第1位:福山雅治、7億円

福山雅治

出典:prcm.jp

福山雅治

兄の影響で中学1年生の時からギターを弾き始め、
中学2年生の頃に友人とバンドを結成し
卒業式前日に学校の体育館にて最初で最後のライヴを行った。

バンド名は「不死鳥(フェニックス)」。
それとは別に兄とバンド“LAR”を組んでTHE MODS、ARB
などのコピーをしていた(兄はドラム、福山はギター)。

中学でブラスバンド部(担当楽器はホルン)の部長。
出典:ウィキペディア

第2位:堺雅人、3億8,000万円

堺雅人

高校時代は演劇部に所属。通商産業省の官僚を目指していたが、
数学が苦手であり、国立大学の受験に失敗。

早稲田大学第一文学部に入学後は、官僚を諦めて、
役者を志すようになる。
1992年に早稲田大学演劇研究会...

第3位:木村拓哉、2億7,000万円

木村拓哉

出典:anime-room.jp

木村拓哉

主演する多くのドラマで視聴率30%以上を記録し、
高視聴率男とも称される。

ドラマに出演する度に視聴率が注目されるが、自身は出演者と
視聴率を結びつけることや視聴率を面白がることについて
懐疑的な意を示している。

ドラマ撮影の際は、自身の台詞や共演者の台詞、
動き方を記憶して撮影に臨んでいる。
「セットに台本を持ち込まない」と決めているが、
これは田村正和が手本となっている。
出典:ウィキペディア

第4位:小栗旬、2億円

小栗旬

漫画が好きで、少年漫画を中心に大人買いすることも多い。
部屋に入りきらないほどの多さで、実家には階段の踊り場にまで置いてある。

好きな漫画に『究極!!変態仮面』を挙げ、『小栗旬のオールナイトニッポン』
にその原作者のあんど慶周を招いたこともある。

第5位:阿部寛、1億2,000万円


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめ作者

気になる事、愉快なこと、役のたつ事、など まとめて行きます。