日本のうどん、有名どころまとめ

みんな大好きうどん。名産地まとめ 最終更新日:2017年09月21日

作者に連絡

view

稲庭うどん

地域
稲庭うどん(いなにわうどん)は、秋田県南部の手延べ製法による干しうどんである。日本三大うどんのひとつに数えられる。
ひやむぎより若干太く、やや黄色味かかった色をしている。打ち粉としてデンプンを使う点や、乾燥前につぶす事による平べったい形状が特徴。乾麺が一般的に流通しているが、地元および県外のアンテナショップ等では半生麺も入手できる。麺は気泡により中空になっており、そのために食感は滑らか。稲庭うどんについて記述のある「稲庭古今事蹟誌」によると、寛文年間以前に秋田藩稲庭村小沢集落(現:秋田県湯沢市稲庭町字小沢)の佐藤市兵衛によって始まると伝えられている[1][2]。また、秋田には同じ製法で作った「稲庭そうめん」もある。
各地に伝わるふるさとの味として、2007年(平成19年)、農林水産省により「農山漁村の郷土料理百選」として選ばれた。

出典:ja.wikipedia.org

特徴
◆稲庭うどんの特徴と製法

稲庭うどんは、小麦粉と塩、打ち粉にでんぷんを使用した、手延べ製法による干しうどんです。

熟練の職人の手により、練り、綯い、伸ばし、そして干しの四つの工程を経て美味しいうどんが作り出されます。
特に、「綾掛け」という手延べの技により細く引き延ばされることにより、とてもなめらかな舌触りと喉ごし、そしてその太さからは想像もできないほどのコシが生み出されます。
職人達の心を込めた伝統の技でなければ醸し出すことの出来ない風味と品質こそ、「いなにわうどん」の命です。

出典:www.inaniwaudon.net

出典:udon.mu

桐生うどん

地域
桐生うどん(きりゅううどん)は、群馬県桐生市とその周辺地域で生産され食べられているうどんである。
群馬県は小麦の生産量が多く[1]、おっきりこみや焼きまんじゅうなど粉食文化が根付いており、うどんはソースカツ丼と並ぶ桐生地域の郷土料理となっている。

出典:ja.wikipedia.org

特徴
桐生うどんは、やや太めの麺が特徴であり、桐生産のキノコを入れた「きのこうどん」や、麺に絹粉を加えた「絹うどん」などがある。
「ひもかわ」と呼ばれる幅の広い平麺があり「帯うどん」とも呼ばれている。
1992年(平成4年)3月に発足した「桐生手打ちうどんうまかんべ会」や、
1998年(平成10年)9月に発足した「桐生うどん会」は、桐生市とその近郊に所在するうどん店や製麺所によって組織され、
新商品の開発などを行っている。
足利市の「足利手打ち蕎麦切り会」や、太田市の「上州太田焼そばのれん会」などとともに両毛地域の粉食文化の振興に努めている。
桐生市川内町には、うどん打ちを体験できる「桐生うどんの里」がある。

出典:udon.mu

水沢うどん

地域
水沢うどんは、水澤寺(水澤観音)付近で参拝客向けに提供されたことが始まりとされる手打ちうどんである

出典:ja.wikipedia.org

特徴
そのうどんは、秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんとならび、日本三大うどんのひとつとして称される。
特徴は、やや太めでコシがあり、透き通る感じの白い麺である。
一般に冷たいざるうどんで提供される。つけ汁は店ごとに工夫されており、主にしょうゆだれとゴマだれがある。

出典:udon.mu

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する