【独占インタビュー】香川真司が語る海外組との関係「清武と一緒にプレーすれば、より活きる」

ブンデスリーガ第12節終了時点まで全試合に出場して3得点、チームトップタイの5アシストと、今シーズン好調のドルトムントの爆発的な攻撃陣の一翼を担う香川真司。今回はその彼への独占インタビューをまとめてみた。 最終更新日:2015年12月22日

作者に連絡

view

―――あえてですか?

香川 あえてではないですけど、メールとかあまり好きじゃないので。

―――グループに入れという誘いは?

香川 ありましたけど、入らないですね(笑)。

―――本田圭佑選手もそこには入っていない?

香川 いくつかのLINEグループがあると思うので、入っているグループもあるかもしれないですね。

―――今の日本代表で、清武選手と同じピッチに立つことはなかなかありませんが、一緒にがっちり組んでプレーすれば、力が増すと思っています。香川選手はどう感じますか?

香川 自分たちはプレーの感覚が近いものがあるので、一緒にプレーすれば、より活きるとは僕も思っています。でもそこは監督の考えがあることなので。

―――香川選手のようなプレースタイルの選手にとって、感覚が合うことは非常に大事だと思います。

香川 コンビネーションを大切にするプレースタイルの選手には一番大事なことですね。


注目まとめ