別研究の画像と酷似か=STAP論文に新たな指摘

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが発表した新万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に使われた画像に不自然な点があると指摘された問題で、論文の画像が小保方氏が以前に執筆した別の研究の論文の画像と酷似しているとの新たな指摘がインターネット上などで相次いでいる。 最終更新日:2014年03月10日

作者に連絡

view

別研究の画像と酷似か=STAP論文に新たな指摘

小保方晴子氏

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)らが発表した新万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文に使われた画像に不自然な点があると指摘された問題で、論文の画像が小保方氏が以前に執筆した別の研究の論文の画像と酷似しているとの新たな指摘がインターネット上などで相次いでいる。

論文を調査している理研の広報担当者は10日、「指摘は把握しているが、調査内容は結果が出るまで答えられない」と述べた。

指摘は、STAP細胞がさまざまな細胞になる能力(多能性)を持つことを示す重要な画像が、小保方氏が2011年に早稲田大大学院在学中に書いた論文の画像と酷似しているというもの。

英科学誌ネイチャーに1月に掲載されたSTAP細胞の論文については画像の使い回しや、実験方法の記述が他論文の無断引用との指摘があり、理研が調査チームをつくって調べている。STAP細胞は他の研究機関では作製に成功しておらず、理研はより詳しい手順を5日に公開した。

<STAP細胞>作製手順公表 研究成果の証明

理化学研究所は5日、新たな万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」の詳細な作製手順をホームページなどで公表した。STAP細胞は、理研など日米研究チームが1月末に作製に成功したと英科学誌ネイチャーで論文発表したが、国内外の研究者から「実験を再現できない」との報告が続いていたことへの対応。

理研は公表について「多くの研究者が再現する一助とし、さらなる研究の発展につなげたい」と説明する。

研究チームは論文で、生後間もないマウスのリンパ球を弱酸性の溶液に30分浸し、1週間培養することで、体内のあらゆる細胞になれる能力を持つSTAP細胞ができたと報告し、論文には簡単な作製法を載せた。

だが、2月中旬から論文で使用した画像などに不自然な点があるとの指摘が相次いだほか、実験の再現性にも疑問の声が上がっていた。

公表された作製手順は、理研発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子研究ユニットリーダーらが執筆。生後1週間を超えたマウスでは作製効率が大幅に低下する、雄マウスの方が効率が高いなど、元になる細胞の採取から培養に至るまでの注意点を順に示した。今後さらに詳細な解説も公表していくという。


注目まとめ