おバカで笑える衝撃的過ぎる死に様特集のダーウィン賞

実際に選考・受賞される賞として、驚きの、かつ愚かな死に様をした人に送られるダーウィン賞というのがすご過ぎるのでご紹介。 最終更新日:2018年11月28日

作者に連絡

view

ダーウィン賞とは

ダーウィン賞(ダーウィンしょう、英: Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献した人に贈られる賞である。なお、優れた業績を挙げた生物学者に授与されるダーウィン・メダルとは全く関係が無い。


出典:YouTube
ダーウィン・アワード【予告編】
最も愚かな方法で死んだ人に対し、バカな遺伝子を減らしたことへの感謝の気持ちから開設させれたアメリカに実在するインターネット・サイト"ダーウィン賞"。「進化論」を唱えた自然科学者チャールズ・ダーウィンの名が由来と ...

とんでもない数々の受賞歴

ボトルの中の液体を酒だと思って飲んだらガソリンだったため、
慌てて吐き出し服がガソリンまみれになった。口直しのためにタバコに火をつけようとして引火し焼死。(アメリカ合衆国)【2014年】

男らしさを誇示しようとチェーンソーで自らの首を切断。(ポーランド)【1996年】

口喧嘩の末に8階の自宅バルコニーから投げ落とした妻が電線に引っかかっているのを見て、追撃のためか救出のためか自らも飛び降り、そのまま地面に激突して死亡した夫。妻は近くのバルコニーから救助された。(アルゼンチン)【1998年】

自分が虐待していた10歳の息子に包丁を持たせ、「俺が憎いなら刺してみろ」と挑発。一度は包丁を置いた息子にそれを再び持たせてなおも挑発し、
ついに刺殺された父親。救急センターで発した最期の言葉は「ガキがこんなことをするなんて信じられるか?」だった。(アメリカ合衆国)【2000年】

山道を車で走行中にブレーキが利かなくなり、男性運転手が同乗者8人に何も告げず車から脱出。残された同乗者の操作により車はすぐに停止し車内に怪我人は出ず、脱出した運転手のみが頭を強打して死亡。(アメリカ合衆国)【2001年】
お気に入り詳細を見る

乗用車にJATOを装着して高速道路を走行したところ車が離陸し、高さ約38メートルの崖の壁面に激突。(アメリカ合衆国)【1995年】

非常に急いでいたので走行中の電車を弾き飛ばそうと踏切に突っ込んだドライバー。(アメリカ合衆国)【2001年】

夏時間と通常時間を取り違えて時限爆弾を設定し、運搬中に爆死した3人のパレスチナ人テロリスト。(イスラエル)【1999年】


注目まとめ

人気まとめ

まとめ作者

moepapa

moepapaさん

ラーメン等のグルメと、トランポリンをはじめとする運動大好きライターです。日々ネットで情報公開や、交流を図っています。

まとめを作成する