【告知】まとめアットウィキの常時SSL化(httpsのみによる接続)に関するお知らせ

花粉に負けない!花粉症対策おすすめグッズ【カテゴリー別編】

今年も花粉の時期がやってきました。花粉症持ちの方にとって、春は戦い!そんな、花粉症で悩む方々へオススメのグッズをカテゴリー別にまとめてみました。 最終更新日:2017年03月06日

作者に連絡

view

◆そもそも 『花粉症』 とは?

植物の花粉が原因となり、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ、さらには皮膚のかゆみなど、花粉が原因で肌荒れを起こすなどの、アレルギー症状を起こす病気のことで、『季節性アレルギー性鼻炎』とも言われています。

現在、日本国内で確認されている花粉は60種類以上にも上ります。
そのため、以前は花粉症持ちでなかった人も症状が現れたりと、急に花粉症になる方が増えています。

◆今年の花粉のピークはいつから始まるの?

2017年スギ・ヒノキ花粉のピーク予測

出典:www.tenki.jp

2017年スギ・ヒノキ花粉のピーク予測

スギ花粉のピークが2月下旬から3月にかけてあります。
スギ花粉のピークが終わると、そのあとはヒノキ花粉のピークを迎えます。
上記の表より、花粉症の方は4月中旬まで辛い季節となるでしょう…。
(※上記の表は2017年2月14日 日本気象協会の予想となります。)

◆地域によって花粉飛散数が違う!

2017年春の花粉飛散数予測

出典:www.tenki.jp

2017年春の花粉飛散数予測

九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想です。北陸・中国地方では前シーズンより多く、例年並みの飛散数でしょう。

一方、東北・関東甲信地方では、気温は高めだったものの曇りや雨の日も多かったため、飛散数は前シーズンより少なめで、例年よりやや少なくなりそうです。

また、北海道では前線や低気圧、台風の接近や上陸などの影響を受け、降水量が記録的に多かったため、飛散数は前シーズンより少なく、例年に比べて非常に少ない見込みです。

出典:【第3回】2017年春の花粉飛散予測(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

このように、花粉症をお持ちの方は毎年恒例の花粉症対策が必須!
ただただマスクをするだけの対策だと、足りない方も。
そんな方へ花粉症グッズをまとめてみました!
(※価格は2017年3月現在)

◆鼻、口からの侵入を防ぐ!【マスク編】

・PITTA MASK(ピッタマスク)


注目まとめ

人気まとめ