法律違反? 卒論代行サービスとは何か?その利便性と危険性

STAP細胞の論文作成問題で一躍脚光を浴びた言葉「コピペ」。コピペはあくまで論文作成などで自分でやる作業ですが、なんと卒業論文を書くという作業そのものを全て代行するサービスがあるのです。ここではそのサービスとはどんなものなのかなどについてまとめてみたいと思います。 最終更新日:2014年03月26日

作者に連絡

view

卒論代行サービスを知っていますか?

▽このまとめの概要
◎卒論代行サービスとは何か?
◎卒論代行サービスの利用は違法か?
◎卒論執筆の注意点
◎コピペ発見ツールについて

◎ 卒論代行サービスとは?

卒論代行サービスは、本人の代わりに卒論を執筆するサービスのこと

出典:headlines.yahoo.co.jp

ある業者のサイトによると、理系・文系を問わず、1文字10円。文字数や分野にもよるが、2万字程度の卒論は2週間くらいで納品・・・とされている

出典:headlines.yahoo.co.jp

佐村河内氏の問題でゴーストライターという言葉が話題になりましたが、卒論代行もまさにこれ
卒論を自分で書かずに、別の人に書いてもらうのです
業者によって値段は様々ですが、学生が払えない額ではないようです

スタッフは、東京大学大学院の理系の学生が中心だという

出典:www.tanteifile.com

「当社スタッフは、博士課程修了者、修士課程修了者をはじめとする優秀な代筆スタッフが集っています」

出典:twitter.com

では、一体どんな人物が代行執筆をしているのでしょうか
某社のスタッフには現役大学院生がいるようです
別の某社の宣伝文句には、優秀な代筆スタッフがいると堂々と記載されています
ほとんどの人物が別に仕事を持っていて、アルバイト感覚で代筆をしているようです

博士論文において不正が見つかった場合には、修了後であっても学位認定の取り消しがありえる

出典:d.hatena.ne.jp

注目まとめ