知っているようで知らない基本的な法律用語

よく耳にするけど違いを説明できない基本的な法律用語をピックアップ。例えば法と法律の違い、公布と施行の違い、条例とは?など。 最終更新日:2016年05月03日

作者に連絡

view

法と法律の違い

法と法律の違いは?

六法全書を開く前に知っておきたい。

何気に「法」と言ったり「法律」と書いてみたり、どちらもよく使うことが多いです。

「法律」
成文法典であって、法律として成立しているもの。
いまの日本なら、国会で「***に関する法律」とかっていうタイトルで衆参両院の本会議で可決成立して、天皇が公布したものです。
憲法はここでいう「法律」には含まれません(下記「法」で触れますが、最高法規であってすべての法律より上位にあります)。
また、政令・府省令も法律ではありません。

出典:yahoo知恵袋

「法」
ある国で、ある程度の強制力をもって通用している社会的なルール全体を指す呼び名。
上は憲法から、法律、政令、府省令、自治体の条例、規則、通知・通達のうちヨソの役所の仕事に影響するもの、ぐらいまでが一般的に含まれると考えられます。
近代法治国家における法制度は、憲法を最高法規として、以下、法律、命令、規則・・・という階層構造を成していることが普通です。

出典:yahoo知恵袋

公布と施行の違い

法律の勉強

出典:careerpark.jp

法律の勉強

公布と施行の違いは

公布と施行の違いもわかっているようで実はわからなかったりします。

国会の議決により法律が制定され、閣議の決定により政令が制定されて、それぞれ法規範の内容が確定し、現実的な効力は、その公布、施行によって発動される。」 (引用:有斐閣発行の「法律用語辞典」第3版)とされています。 2 公布「公布」とは「成立した法令を公表して一般に人が知りうる状態におくこと。

出典:間違えやすい法令用語-菊池綜合法律事務所-

施行はまず読み方がわからなかったりします。「せこう」「しこう」どっちなのでしょう?

どちらも正しいし、使われていますが、法律に関しては「しこう」を、役所関係は「試行」と区別して、「せこう」を使う傾向にあるということです。すべてがそうであるわけではありません。

出典:yahoo知恵袋

法令とは


注目まとめ

人気まとめ