【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

芥川賞作家・羽田圭介は今後どうなるの?

2015年7月、第153回芥川賞を「火花」のピース・又吉直樹と同時受賞。その後、テレビの番組に連日出演するようになった小説家、羽田圭介。今後、どうなるの?近況を紹介。 最終更新日:2016年03月16日

作者に連絡

view

2015年夏以降のテレビ出演

NHK「ぜんぶ、温泉。」出演中の羽田圭介氏

仮にファンでもすべてをチェックすることは困難なくらいにたくさんのテレビ番組に出演されました。
最初は単行本として発売になった受賞作「スクラップ・アンド・ビルド」の宣伝として本を紹介する番組に出演されていました。
でも、バラエティー番組などにいろいろと出演されるようになりました。

明日3月5日(土)深夜に放送される「さわがす人たち2」(関西テレビ)に、南海キャンディーズ山里、ドランクドラゴン鈴木、オリエンタルラジオ藤森、メイプル超合金と作家の羽田圭介が出演する。

出典:ナタリー

年末年始が出演のピークでしたが引き続き、テレビ出演は止まらない!

テレビで名前を知った人も多いのかもしれない。羽田氏の最初の目的である本の売り上げに貢献はしてそう。

2016年1月から文芸誌で連載が掲載

群像という雑誌の表紙はおしゃれ!

2016年2月号の「群像」より「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」
講談社より発売の文芸誌。

群像」2月号で、前回の芥川賞を又吉直樹と共に受賞した羽田圭介の新連載「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」が始まっている。第1回は一挙200枚。映画ファンならすぐわかるように、この題名はいわゆる「ゾンビ映画」のパターンにのっとっており、実際この小説の舞台となる世界ではゾンビ(変質暴動者と呼ばれる)すなわち

出典:西日本新聞

注目まとめ

人気まとめ