「板野友美」、あまりの人気低下で700人小規模ライブと握手会

アルバム発売を記念した初のライブツアーの開催が発表されたが、会場のキャパシティが小さいことから、ネット上で驚きの声が上がっている。その詳細を紹介します。 最終更新日:2015年01月27日

作者に連絡

view

デビューシングル『Dear J』は、発売初週で16.3万枚を売り上げていたものの、最新曲『little』は初週3.4万枚で、自己最低記録を更新していました

8月1日から愛知、宮城、福岡、大阪、東京の5カ所でライブ

その会場は収容人数700~2,700人と小規模。

また、アルバム発売に先駆け、6月1日からは各地でアルバム発売記念イベントのライブ&握手会が決定しているが、この握手会の規模も縮小傾向なのだという

出典:mainichi.jp

一部のファンの間では、『握手会嫌い』として有名な板野ですが、今回は山梨、埼玉、広島のイオンモールをはじめ9都市で握手会が開催されます

ネットの反応

AKB48を卒業しても、まだ握手会で各地を回らなくてはいけない板野には、ネットユーザーから
『ドサ回りだな』
『もうこんな落ち目になったのか』
といった声が寄せられていますね

小規模なライブについては、熱心なファンから『このぐらいの規模の方が楽しそう』という前向きなコメントも見受けられますが、

あまりの人気低下に、ファン以外からは『AKB48時代に、握手会に行っていたファンはどこにいったの?』『消えるのも近い』と、否定的なコメントばかりです


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめを作成する