”先輩松本にブチ切れ” 品川監督の“タブー事件”とは

品川ヒロシ監督(41=お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐)が、ダウンタウン・松本人志(50)にヤツ当たりして「(松本を)ここに呼べや!」と“ブチ切れ事件”を起こしていたことが分かった。その様子を紹介します。 最終更新日:2014年04月06日

作者に連絡

view

品川ヒロシ

品川ヒロシ

出典:mdpr.jp

 1日に映画「サンブンノイチ」が公開された品川ヒロシ監督(41=お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐)が、ダウンタウン・松本人志(50)にヤツ当たりして「(松本を)ここに呼べや!」と“ブチ切れ事件”を起こしていたことが分かった。

品川監督にとって松本は吉本の大先輩

芸人と映画監督の二足のわらじを履く両者だが、芸歴では松ちゃんが先輩なのは言うまでもない。

後輩が偉大な先輩を呼びつける――そんなタブーを品川監督が犯した理由とは、いったい?

芸人としての実績、人気は雲泥の差があると言われても仕方ない。その松本を呼び捨てにするなんてことは、間違えてもあってはならない。

「芸人映画監督」としての実績

 松本は2007年「大日本人」をはじめ、4本の監督作品がある。

一方の品川は09年の「ドロップ」、11年の「漫才ギャング」、そして1日に公開された俳優・藤原竜也(31)主演「サンブンノイチ」でメジャー3本目のメガホンを取った。

初作品の「ドロップ」が、それなりの結果を出していることから、ある意味で松本をリードしていると言えるかもしれない。

「アンタッチャブルな過去」として封印


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめを作成する