”理化学研究所の権力闘争” 小保方晴子氏が隠し持つ「爆弾」とは

理化学研究所(理研)の調査委員会はデータの改さん、ねつ造にあたる不正研究行為があったと判断した。研究ユニットリーダーの小保方晴子氏(30才)がたったひとりでやったことであると結論づけられた。そんな小保方さんと理化学研究所の権力闘争とは? 最終更新日:2014年04月05日

作者に連絡

view

小保方晴子

 STAP細胞論文に不自然な点が複数見つかった問題で、理化学研究所(理研)の調査委員会はデータの改さん、ねつ造にあたる不正研究行為があったと判断した。

これらの不正は、研究ユニットリーダーの小保方晴子氏(30才)がたったひとりでやったことであると結論づけられ、

論文の共著者で山梨大学教授の若山照彦氏(47才)や、同じく共著者で理研副センター長の笹井芳樹氏(52才)は、「立場上責任は重大」としながらも、ねつ造への関与はなかったと発表した。

東京大学医科学研究所の上昌広教授はこう語る

研究の世界において、“ねつ造した”と認定された論文執筆者は永久追放されます。大学でも、普通は退職を余儀なくされますから。

今後、なにか論文を書くということ自体が難しくなります。彼女の行為は、それほどまでに罪の重いものです

小保方さんは体調不良を理由に有給休暇中

出典:gooope.com

そんな彼女もこの理研の決定には真っ向から反論。さらに彼女の“抵抗”は、これだけではとてもすみそうにないという。

STAP細胞研究は、理研の有力者たちの肝入りで進められたもので、論文を理論構築したのは笹井さんだし、あのピンクの研究室や割烹着のアイディアなど、彼女は功を焦った上層部に踊らされていた側面も強い。

こんな状況下で行われた研究なのに、トカゲのしっぽ切りのごとく自分だけが元凶とされたことが許せないんです

小保方さんが隠し持つ“爆弾”


注目まとめ

関連まとめ

まとめを作成する