どんどん写ろう!誰よりも可愛く写るコツとは?

写真は思い出と一緒に残るので、できれば自分が何度も見返したくなるような、納得の行く写りをしたいですよね。 「え、私、可愛くないんだけど…」と思わないでよくなるように、誰よりも可愛く写るコツをまとめてみました(o^―^o) 最終更新日:2016年08月30日

作者に連絡

view

写真は思い出

大好き!? 自撮りセレブ大集合 ...

出典:news.aol.jp

大好き!? 自撮りセレブ大集合 ...

同じ時間を過ごした友達や仲間との楽しい記憶を残してくれる写真

写りたいけど「どーしても苦手」

まずはどうして苦手意識を持ってしまうのか、それを考えてみましょう!

自分の顔やスタイルが嫌い

おしゃれが苦手な本当の理由を ...

自分の容姿が悪いことを気にしすぎ、写真に残すことを嫌うのが、写真を撮られたがらない人に一番多く見られる理由です。

確かに自分の醜い姿が半永久的に残ってしまうのは、恐怖としか言いようがないでしょう。

それが自分のカメラやスマホに残るのならまだしも、他人のデータとして残るとしたら、その恐怖は計り知れないものがあります。

でもそんな理由で写真を嫌う人に限って、別に人並み外れて醜い容姿を持っているわけではないことが多いですよね。

写真に強いこだわりがあるナルシスト

自分の醜さを気に病んでいるわけではなく、自分の美しさを最大限に引き出した写真しか、撮影されることを許さないというこだわりのナルシストもいます。

自撮りは大好きなのに、不意に他人に撮られると激怒するような人が、こんな心理を持っているようです。

それは、自分がかわいく見えない写真を残すことを極端に嫌っているためです。

こんな人は、メイク、髪型などをちゃんと整えて、自分が一番かわいく見えるポージングをしたうえでないと、写真を撮らせてくれません。

自分を醜いと思っているわけではありませんが、やはりこちらも、自分の容姿に対してこだわりすぎて、写真というものを特別視しすぎている傾向があります。

やはり、先ほど出てきた醜形恐怖症の人と同じく、理想から外れた自分の姿が写真に残ってしまうことに、強く嫌悪感を抱いてしまっている状態です。

美しい姿を残すのではなく、その時の楽しい空気を残したいという、写真の本来の目的を忘れているとも言えるでしょう。

可愛く写るコツ①場所・位置

写真に写るときは端っこはダメ‼
センター付近を狙いましょう!

写真を撮る若者たち[11017002631 ...

可愛く写るコツ②目線


注目まとめ

人気まとめ