海外のこぼれ話

最近のテレビで報道される凄惨な事件や災害情報などで気が滅入ってしまった時に、心がほぐれるようなニュースを世界から集めてみました。 暇つぶしにどうそ。 最終更新日:2016年09月18日

作者に連絡

view

使っていいの?

美術館に展示の純金製便器、一般来場者も利用可能に NY

出典:www.afpbb.com

美術館に展示の純金製便器、一般来場者も利用可能に NY

【9月16日 AFP】米ニューヨーク(New York)のグッゲンハイム美術館(Guggenheim Museum)に展示されている、実際に使用可能な純金製の便器が、16日から一般の来場客の利用が開放される。

これはイタリア人アーティストのマウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)氏による作品で、個室前には作品を守るために警備員が常駐する。

出典:AFPBB News

これでは出るものも出ないですね・・・

 マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)が手掛けた小便器を使った作品「泉(Fountain)」を想起させるこの純金の便器は、「アメリカ(America)」というタイトルが付けられている。

出典:AFPBB News

どうして「アメリカ」なのか疑問です。それにしても小便器を使った作品も見てみたいですね。

マルセル・デュシャン 『泉(Fountain)』

こちらは純金ではなくて、ほっとしました。
レディ・メイドと呼ばれる既成のものをそのまま、あるいは少し手を加えたものをオブジェとして提示したものだそうです。

実はこの便器、上下が逆になっているのだとか。
この便器に配管して水を流すと噴水のように上に噴出することから「泉」と名づけられたという説もあるそうです。

安住の地を求めて、たどり着いたのは塀の中!?

妻から逃げたい!米カンザス州の70歳男、刑務所入るため銀行強盗

出典:www.afpbb.com

妻から逃げたい!米カンザス州の70歳男、刑務所入るため銀行強盗

【9月8日 AFP】刑務所に送られれば妻から逃げられる――こんな理由で、米カンザス(Kansas)州の男(70)がわざと銀行強盗をして逮捕されていたことが6日、裁判所の文書で明らかになった。

 ローレンス・リップル(Lawrence Ripple)容疑者は、妻レメディオス(Remedios Ripple)さんと大げんかになり、「家にいるより刑務所に入った方がましだ」と言い放って自宅を出た。そのままカンザスシティー(Kansas City)にある銀行へ行き、「銃を持っている。金を出せ」と書いたメモを行員に手渡した。

 行員は現金3000ドル(約30万円)を渡したが、リップル容疑者は銀行から逃走せず、おとなしく逮捕された。そして「これ以上、妻と一緒に暮らすことに耐えられなかっただけだ」と警察に話したという。

出典:AFPBB News

他の方法はなかったのでしょうか。。。

 こうして、リップル容疑者は望みどおり鉄格子の中の住民となった。もちろん、別居や離婚など他の方法もあったはずだが、リップル容疑者はそのような恐ろしい境遇には陥りたくなかったようだ。

「新しい我が家」に移ったリップル容疑者は、親切な同房者に加え、日々の食事や医療サービスなど米国の多くの高齢者が享受できない生活を手に入れた。

刑期を終えて出所する日が来たら、こんどはドコへ行くのでしょうね。

9日間、よくがんばりました!

がれきに埋もれ9日間、犬の救出に歓声 イタリア地震

(CNN) イタリア中部地震の被災地で、がれきの下から9日ぶりに1匹の犬が救出されたことが4日までに明らかになった。

出典:CNN.co.jp

本当に良かったです。奇跡的に救出されたワンちゃんはこちらです↓


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめを作成する