<

スマホのカメラで写真を撮る際に、いつも縦位置で撮影している人がいる。
これは、「写真はスマホでしか見ません」と言っているようなもの。
スマホで見ている時はよいが、パソコンやSNSに投稿して横長のディスプレイで観ると、素人っぽく見えてしまうのだ。

そこで、縦撮りと横撮りは、撮るものに合わせて使い分けるべし。
簡単に説明すると、
・高い建物や、奥行きをアピールしたい場合は、縦撮り
・広がりや空間をアピールしたい場合は、横撮り
たったこれだけ? と思うかもしれないが、これが大きな差になる。

なんでもかんでも縦撮りするのではなく、縦と横を使い分けるだけで、プロっぽい写真に一歩近づくのだ。

>

iPhoneやXperiaでひとつ先を行くプロっぽい写真が撮れる3つのテクニック

iPhoneやXperiaでひとつ先を行くプロっぽい写真が撮れる3つのテクニック