<

素人ぽい写真と、プロっぽい写真の大きな違い何だろうか?
ズバリ、主人公(テーマ)の存在だ。

プロっぽい写真とは、「何を撮影したいのかが、ハッキリわかる写真」といっても過言ではない。
逆に、素人ぽい写真は、「何がメインなのか、わからない写真」と言える。

そこで、写真の中に主人公を探すべし。
簡単に説明すると、
・花がいっぱいある場合は、特徴的な1つの花をメイン(主人公)にする
・風景の場合は、印象的なオブジェクト(モノ)をメイン(主人公)にする
三度、これだけ? と思われるだろうが、主役と脇役を区別して撮るだけで、1枚の写真は劇場になるのだ。
こうすることで、写真に生き生きしたドラマや表情が生まれるので、一気にプロっぽい写真となっていくのだ。
例えば、
路地であればポストや猫をメインにしてみる、風景であれば特徴のある木や古民家を探してみよう。

出典:news.livedoor.com
>

iPhoneやXperiaでひとつ先を行くプロっぽい写真が撮れる3つのテクニック

iPhoneやXperiaでひとつ先を行くプロっぽい写真が撮れる3つのテクニック