転職や転校など最初の挨拶で相手に好印象を与える方法

生活をしていると転職や転校するという事もあるでしょう。 また、自己紹介は生活の中では避けられないものです。 今回は相手に好印象を与える方法についてまとめました。 最終更新日:2016年04月04日

作者に連絡

view

挨拶の重要性

転職や転校、そして自己紹介の際には挨拶を必ずします。
その挨拶は非常に重要であり、第一印象はその人物の印象をしばらく固めるほど重要なものです。

新入社員として会社に入社した際には、ビジネスマナーとして“あいさつ”の仕方を真っ先に学びます。それほど“あいさつ”は、とても我々の生活で重要な役割をしています。

出典:新入社員の為のビジネスマナー

あいさつ”をすることで、人間関係が良くなります。挨拶をするということは、その相手を「認めている」ということ。認められていると感じれば、人は喜びます。自分を認めてくれた人に対して好意的に接するようになります。

出典:挨拶(あいさつ)で得られる6つの効果。挨拶をするだけでこんなに変わる!

相手に好印象を与える挨拶とは?

相手に好印象をしっかりと与えましょう。

暗い印象を与えてしまうのはNGです。明るく爽やかな印象を与えましょう。

相手に好印象を与える挨拶の仕方について紹介していきます。
ポイントはいくつもありますが、転職でも転校でも重要なのは「笑顔と愛想」です。

1:まずは笑顔!
2:大きな声を心がける
3:猫背はNG
4:余計な動作をしない
5:後ろ手に注意
6:人の顔を見て話す
7:ネガティブなフレーズは使わない
8:「アレもできる、コレもできる」は悪印象
9:アピールしたいポイントを絞る
10:話の長さにも注意
11:名前に関する小ネタを盛り込む
12:使い慣れなれていない言葉は避ける
13:「言いながらお辞儀」はNG

出典:自己紹介で好印象を与えるための13のポイント

重要なポイントばかりなので抑えておきたいです。

鏡で自己紹介の練習をする

鏡の中にいる自分を相手だと思って自己紹介の練習をしましょう。客観的に見れて、直す部分が見えてくるはず。

基本的に自己紹介は聞き流されやすいもの。特に、アドリブの自己紹介は記憶に残りません。記憶に残る、次に繋がる自己紹介を事前に作っておきましょう

出典:アドリブはNG!? 記憶に残る自己紹介の作り方

第一印象は、最初の6秒で決まるといわれています。だから笑顔と姿勢、そしてできるだけ大きな声で話すよう心がけましょう

出典:つかみはOK!?自己紹介のコツ

自己紹介でやってはいけないこと


注目まとめ

人気まとめ