【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

福原愛「傷をえぐるみたいで……」キム対策を石川に聞かなかった理由。

必死に涙をこらえていた。涙がこぼれそうになるのを、抑えようと努めていた。  オリンピック4度目の出場で初めてベスト4に進出した福原愛は、8月10日の午前10時から行われた準決勝で、ロンドン五輪金メダリストの李暁霞(中国)に0-4で敗北した。 最終更新日:2016年08月12日

作者に連絡

view

午後8時30分からの3位決定戦では、石川佳純が初戦で敗れたキム・ソンイ(朝鮮民主主義人民共和国)と、銅メダルをかけて戦うことになった。

 試合を前に、懸念はあった。

 キムは、福原が苦手としてきたカットマン(ボールにバックスピンをかけて打ち返して相手のミスを狙い、チャンスと見ればスマッシュなどを狙う)であること。しかも、過去一度も対戦経験のない選手であること。他競技でもよくあるが、北朝鮮の選手は国際大会にあまり出場していないため、分析の材料が多くない。

 得意な戦型の選手が相手であれば、対戦経験がなくても試合中に素早く対応できるが、苦手なタイプに対しては、通常以上に遅くなりがちだ。

出典:rio.headlines.yahoo.co.jp

出典:i.gyazo.com

福原愛は、ロンドン五輪で獲得した銀よりも輝くメダルを持って日本に帰れるだろうか。 photograph by JMPA

「これまでにない」練習の成果は出ていたが……。

試合が始まる。

 第1ゲームから、キムはカットマンらしくバックスピンのかかったボールで福原の強打を返し続ける。福原も粘り強く打ち合おうとしたが、チャンスボールを与えて強打を許したり、ネットにかけたり、スマッシュを狙いに行ってミスが出たり、と中盤からリードを許す展開となる。

 第1ゲームを7-11で落とし、第2ゲームも7-11。流れを食い止めたかった第3ゲームも中盤にミスが相次ぎ、5-11。

 第4ゲームは14-12でなんとか奪ったが、第5ゲームは力尽きて5-11。競り合う展開に持ち込むことができずに敗れ去った。

 今大会、初戦から準々決勝まですべて4-0で勝利してきたことが象徴するように、福原の調子は上々だった。「これまでにない」と語るほど積んできた大会前練習の成果は出ていたのだ。それだけに、悔しさは大きいものになる。

「みんな強くて、1戦1戦勝つのが難しいのがオリンピックです。ベスト4に入って、決定戦で勝つことができなくてものすごく悔しいです」

カットマン相手に、ある程度のミスは必要経費。

初対戦ではあったが、福原は相手への対策をもって臨んだと言う。

 「ずっとビデオを観て研究はしました。ワールドツアーとかにあまり出てきていない選手なので、映像のある試合はすべて観ました」

 だが……。

 「(4回戦で戦った)リ・ ミョンスンと同じカットマンでも、タイプが全然違いました。ミョンスンよりパワーがあると聞いていたんですけど、対戦してみて本当にパワーがあるなと思いました」

 「序盤は焦りすぎかもしれないと思ったんですけど、カットマンとやる上では、ミスを繰り返しながら回転だったりが分かっていくので、それがもっと早く読めるようになっていれば」

 カットマンは、1球ごとにボールにかける回転数を変えてくる。選手によっても特徴が異なる。

 その見極めに時間がかかったことが、常に福原が後手に回るゲーム展開につながった。攻めに出ない方がいいボールを強打してミスしたり、ネットにかけるシーンが目立ったのもこのためだ。

試合前、石川にキムの情報を聞けなかった理由。

キムとは今大会で石川佳純が対戦しているし、伊藤美誠も対戦経験がある。福原は「ビデオで研究した」と語ったが、2人に特徴を聞けばより有意義な情報となったはずだ。

 その質問に、福原はこう答えた。

 「美誠に聞きました」

 でも石川には聞かなかった、と続け、理由も語った。

 「傷をえぐるみたいで……」

 石川は足のアクシデントもあり、キムに敗れた。満を持して挑んだ五輪で、上位進出を誓いながら初戦で敗れた石川のショックを慮ったのだ。

 自分の勝利だけを考えれば、福原の配慮は必要のないものだった。今大会のキムの生きた情報を石川から聞き取ることで、試合の展開は変わったかもしれない。

 しかし一方で、同じ日本代表として戦うチームメイトへの思いやりは、団体戦では強みともなりえる。

 「佳純ちゃんも、ものすごく悔しい思いをしていると思いますし、美誠も応援してくれていて、悔しい思いをしていると思います。力をあわせて、帰りたいです」

 「力をあわせて」と「帰りたい」の間には、おそらくは「メダルを取って」の言葉がある。

 福原は、自身の悔しさと、チームメイトへの思いをかけて団体戦に挑む。


注目まとめ

人気まとめ

まとめ作者

秋元康さんプロデュースのアイドルグループを応援します!