色々あり過ぎて訳分からんと言う人のための仮想通貨の種類その1

ビットコインだ、リップルだ、盗まれたのはNEMだった、などなど仮想通貨の種類はとても多いですけれど、一体どういう違いがあるのか。それについてまとめていきたいと思います。その2、その3が出るかどうかは今後の情勢次第です。 最終更新日:2018年04月11日

作者に連絡

view

ビットコイン

ビットコイン | 仮想通貨まとめ

ビットコインとは「ナカモトサトシ」により世界で一番初めに作られた仮想通貨です。インターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれています。

出典:vtuka.jp

国際送金では国際銀行間決済ネットワーク(SWIFT)を通じさらに複数の銀行を介す必要があります。それに対してビットコインは「メールを送る」ような感覚で相手のアドレスへ送金ができるため、手数料もほとんどかかりません。

通常3000円の手数料と2週間かけて送金する国際送金が、ビットコインなら手数料は数百円で済み、10分で相手に届くのです。

出典:vtuka.jp

なんといっても有名な仮想通貨。

イーサリアム

Ethereum Is Making Waves Through Education and Internet of Things

ビットコインに次いで巨額の時価総額を持つ仮想通貨。ビットコインとは異なった「スマートコントラクト」と言う機能がついており、ただのお金じゃありません。

スマートコントラクト
例えば、ネットショッピングで【Aさん→Bさん】へ商品を売る場合、BさんはAさんに代金を支払います。しかし、代金を支払っても商品が届く保証もありませんし、先に商品を届けてもお金を支払ってもらえる保証はありません。

ここで登場するのがスマートコントラクトです。同じように、ネットションピングで「支払いと同時に商品を発送する」と条件を決めておけば、自動的に発送が完了します。

これをチェーン上で行えば、改ざんはほぼ不可能であるため相手を信頼せずとも安心して取引が可能になります。

出典:vtuka.jp

リップル

Former Paypal And Visa Senior Executive Joins Ripple Labs As CFO » Brave New Coin

リップル(XRP)とは2004年にカナダのウェブ開発者によって開発された仮想通貨で、米国サンフランシスコに本社があります。ビットコインが特定の国や企業に属さないことを踏まえると大きな違いです。

リップルは支払いシステムでもあることから、リップル内の仮想通貨XRPを使って他の通貨と直接取引できる点が他の仮想通貨と異なります。

出典:vtuka.jp

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する