【衝撃】西成に、実際に日雇い労働をしてみたユーチューブチャンネルの「生きざまTV」が面白い!

「西成、実際に日雇い労働してみた」というユーチューブチャンネルの生きざまTVが面白い! 最終更新日:2019年02月28日

作者に連絡

view


出典:YouTube
西成、日雇い労働をしました。階段に苦戦。【西成ドヤ日雇い生活⑥】【あいりん地区】
日雇い労働3回目です。

西成を表現することはできない。

初めて西成と出会ったのは小学校3年生ぐらいだったと思います。
当時は駅前にフェスティバルゲートという遊園地があり、
その中にあるカードショップによく行きました。

「電車道の向こう側はあまり行かない方がいい」
と西成のおっちゃんに笑いながら言われたことを覚えています。

当時から今まで、人生の節目、節目で西成と接する機会がありました。

特に印象に残っているのが、
高校生の時に経験した毛布とおにぎりをホームレスの人に配るボランティアです。
初めて接するホームレスの人たちでした。

「人の世話にはなりたくない」とオニギリを拒否する人、
「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べる人、
酔っ払って絡んでくる人「なんやこらー」

一口に西成の人、ホームレスの人と言っても
色々な考え方や様々な生き方をしている人がいるという事が衝撃的でした。

テレビ等の各種メディアでは、
分かりやすく伝える為に簡単な言葉やイメージを使って、
ホームレスや西成の人間は弱者であるかのような表現がされている印象を受けます。
本当のところはどうなのでしょうか?

三者三様、人それぞれ、と言ってしまえば終わりなのですが、
高校生の時から現在に至るまで、
メディアと現実とのギャップに疑問が生じてならないです。

この世の中には、言葉にならないものや動画では伝わらないものが沢山あります。

この動画も所詮は動画に過ぎないのです。

この街で経験した出来事をそのまま表現することを意識して、作成しています。

誇張した表現(効果音、エフェクト、テロップ等)等はあまり使用していません。(労働編は労働中の撮影ができないため、労働の様子を伝えるために画像やテロップを多く使用しています。)

この動画への反応


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめを作成する