【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

怖い話・都市伝説6

作者に連絡

view

拉致?

865 本当にあった怖い名無し sage New! 2005/07/18(月) 01:24:40 ID:9q3AC1KA0
おれは八景島シーパラダイス付近に住んでる。まだシーパラなんかない頃。小2か3だったかな。
学校終わったら毎日のように近くの海に釣りに行ってた。そこでとあるおっさん(30~40ぐらい)と仲良くなった。
ある日、おっさんが今度船釣りに行かないかと言った。船に乗ったことがなかったので、もちろんOKした。

翌日、学校が終わってから船に乗って沖合に行った、ところが1時間近く経っても船は止まらない。もう空が暗くなってきた。
また1時間ぐらい経ってあとどれぐらいで釣るの?と言ったがまだ。としか答えない。
さすがにかなり暗くて、おっさんに、もう帰らなきゃ怒られるんだけど。と言ったんだが今度は何も答えない。
さすがにヤバいと思ったが逃げることはもちろんできない。

【続き】
http://kowakowa.dreamlog.jp/archives/1062921181.html

NO BADY

今でもあれが何だったのか判らないし、

もしかしたら夢だったのかもしれないけど

今まで生きてきて初めて体験した不思議な体験です。


ちょっと長くなりますが暇な方聞いてやって下さい。。


丁度これからクリスマスって頃、12月10~31日位の間、

主要駅に程近い場所にある某デパートの前で、

最近めっきり売り上げを落としている

インスタントカメラの街頭販売を任されていた。

(当時派遣会社のバイトで直接はカメラ屋の店員ではなかったけど、

街頭販売の人材として派遣されてた)

【続き】
http://kowai.golog.jp/archives/10557774.html

禁断の地

これは、俺の祖父の父(俺にとっては曾じいちゃん?)が体験した話だそうです。
大正時代の話です。大分昔ですね。曾じいちゃんを、仮に『正夫』としときますね。
正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩りに行き、イノシシや野兎、キジなどを獲っていたそうです。
猟銃の腕も大変な名人だったそうで、狩り仲間の間ではちょっとした有名人だったそうです。
『山』という所は、結構不思議な事が起こる場所でもありますよね。
俺のじいちゃんも、正夫から色んな不思議な話を聞いたそうです。
今日は、その中でも1番怖かった話をしたいと思います。

【続き】
http://fc2kowai.blog.fc2.com/blog-entry-510.html

祝福

19 本当にあった怖い名無し 2011/08/09(火) 22:09:26.09 ID:VbVjqDXS0
学生時代、彼氏を事故で亡くした。
引きずりまくって、もう新しい彼氏も結婚もいらない、とすさみ
誘いも蹴り告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど
ある日いきなりご縁が降ってわいた。
今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になって
(これがそもそも不思議、色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)
付き合い始めてみるとあれよあれよと結婚まで進んでいった。

【続き】
http://skowa.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

娘の叫び

750 1 sage 2012/08/08(水) 03:05:33.32 ID:HwYxjIUL0
当時嫁と3歳の娘が居て幸せな家庭だった俺の話
収入こそたいして多くはなかったけど幸せな家庭を築いていた

ただ、8年勤しんだ仕事は賃金が下がり上司や同僚もリストラにあい
個々人の仕事量事態は増え、私は心身ともに疲弊の一途を辿っていた

最近夜遅いのね身体は大丈夫?と嫁に心配され
食事もろくにとれず体重も10kg減りかなり苦しい状態だった

最愛の家族を養う為にも働かなければと日々頑張っていたのだが
一度職場に向かう途中で倒れ、気が付くと病院のベッドの上で点滴を受けていた

幸いかどうかはわからないが私が病院に搬送されたことを嫁は知らされていなかった
家族に自分のことで無闇に心配をかけたくなかった
【続き】
http://skowawa.blog.fc2.com/blog-entry-69.html

田辺君と俺

488 本当にあった怖い名無し 2008/12/04(木) 02:24:47 ID:9hwXudBnO
僕が小学校3年の時、田辺君という子と仲が良かった
田辺君はユリゲラーの真似だ!と言って目の前でスプーンをグニャリ曲げた
僕はスプーンをもとに戻そうとしたけど固くてダメだった
その手品のタネ教えてよと頼んだけど、田辺君は教えてくれなかった

【続き】
http://kowaz.blog.fc2.com/blog-entry-53.html


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する